来ました!Serph x 河野愛「MYTHOPOEIA」のアートブックとCDが素晴らしい!

240-1
 
 Serph x 河野愛の「MYTHOPOEIA」をゲットしました!
 
発売日が4/15と思いきや、Webショップでの先行販売は4/5でしたね。
早く手に入ってうれしい。
 
3/30に発送メールを受け取ってから、ずっとそわそわしてましたよ。 
 

スポンサーリンク

いろいろ付いてた

内容は「アートブック+ポストカード+缶バッチ+CD」の4点セット。
 
ポストカードと缶バッチが付いてるとは思わなかったので、ちょっとラッキーな感じ。
部屋に飾りますよ。
これの大判のポスターがあれば、壁に貼るんですが。
 
 
最初のページにはSerphと河野さんのサイン。
 
先日、DEPAPEPEのライブでサインを貰ったことを思い出しました。
今年はサインづいてるかも知れません。
 
 
アートブックの巻末にはシリアル番号。
nobleからのメールが来て数十分で注文したんですが、1000冊中、数百番台でしたよ。
もっと早く注文した人がいたのですね。
 
 
最後のページにCDがありました。
探してましたよ。
 
 
早速曲を聴きながらアートブックを見るとしましょう。
 
スポンサーリンク

 河野さんのアートが素晴らしい!

今回のMYTHOPOEIAから、もうすぐ発売されるHyperion Suites、
そして、Spring Field EP、Event Horizon、el esperanka、
Heartstrings、Winter Alchemy、Ventなど、
これまでのCDジャケットのアートが収められています。
 
ジャケットだけでなく、TシャツやArtworksからも。
 
これだけ集まると圧巻ですね。
 
 
お気に入りは「Heartstrings」のFront & Back Cover。
 
様々な生き物?と建物が混在してるアート。
巻末のクロストークにも書いてありますが、奥行があるのはめずらしい。
 
お城があったり観覧車があったり。
なんか見ているだけで楽しくなってきます。
 
「不思議だけど懐かしい絵」がSerphの音楽に非常に合うんですよ。
この組み合わせでほんとに良かった。
 

そしてSerphの曲

聴いたイメージを書いてみました。
 
  • sanpo きれいなメロディーライン。ピアノ。
  • twiste (CMI mix) 出だしがゆっくりで一瞬焦る。そこから戻る。
  • yeh 叩く音多数。コーラス。常に疾走気味。後半のピアノ。
  • prism ノイズと小さな粒。後半疾走。とてもSerphらしい。
  • asterium 拍手。所々聞いたフレーズ。疾走。慣れた音。
  • scenery ポツポツノイズで疾走。弦楽器の音。
  • kaze ギターとシンバル。ピアノと電子音。混ざると良い。
  • step 落ち着くフレーズ。途中から疾走。鈴と電子音。
  • chamber (CMI mix) mix版だけど何回聴いても良い。
  • flowers 弦楽器とシンバルと電子音。たまに声。そして疾走。
  • coconuts cake メロディがかわいい。ピアノと笛。
 
やはり良いですね。
また繰り返して聴くことになりそうです。
 
疾走率は55%。
そういえばこの記事と同じ数値。
 
良いバランスなのかも知れません。
 

まとめ

Serph x 河野愛「MYTHOPOEIA」のアートブックとCDをゲットしました。
 
待っただけあって、どちらも素晴らしい。
これからじっくり見て聴いていきますよ。
 
次はHyperion Suites。
 
4/15が楽しみです!
 
スポンサーリンク


カテゴリー: 音楽 タグ: , ,

■前後の記事です

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

だーしゅ
IT関係のお仕事してます。
最近は、まったりした小物を集めてます。
[当ブログについて]

最近の記事

最近のコメント