プレイ中のゲームや気になるゲームとか

【Oculus Quest】神アプデだ!USB接続でRiftのPC向けVRゲームができる!!

 
 
Oculusブログで、うれしいニュースがたくさん公開されていました!
 
 
日本語では、ファミ通さんの記事がとても分かりやすいですね。
今回、参考にさせて頂きました。ありがとうございます!
 
アップデートで、念願のUSBケーブルでの有線接続ができるようになります!!!
うれしすぎますよ。
 
うれしい順に紹介します。
 
※記事内の画像はOculusブログから引用させて頂きました。



[1] USBケーブルで有線接続できる!

ずっとやりたかった事が「Oculus Link」でついに実現しそうです。
 
 
ゲーミングPC(VR ReadyなPC)に「Oculus Link software」をインストールし、USB-Cケーブルを接続すると、「Oculus Rift」のゲームがプレイできるようになります。
本当にうれしい!!!
 
Virtual Desktopを使うと「Oculus Rift S」で認識されてたので、それに近いのかも知れませんね。
 

無線より有線の方が安定する

この記事を書いている時点(9/27)では、PCのVRゲームをOculus Questでプレイするには、高速なWi-Fi接続が必要です。この記事にも書いているように、たまにラグを感じる時があります。
 
USBケーブルでの有線接続に変わると、通信状況でラグっていたのであれば、かなり改善するはず。
早く試してみたい。
 

ケーブルの取り回しが楽

USBケーブルは細く柔らかいので、有線接続しても取り回しが楽です。
 
実際、Oculus Quest購入時、USB充電しながら使ってましたが、あまり気になりませんでした。
しかもケーブルはそんなに高くないので、気軽に買えるのもうれしい。
 
Oculusブログによると、今年後半に「最高のスループットを出せるプレミアムなケーブル」を販売予定らしい。なんかすごそう。。。
 

CPU負荷も減るとうれしい

ネットワークカードの種類にもよりますが、ネットワークの通信量が増えると、意外とパソコン側のCPU負荷も高くなります。
USBケーブル経由になった場合、その辺りの負荷が下がるとうれしいですね。
 
家庭内で使っている場合、ネットワーク帯域を専有するのも減りそうですし。。。
 

充電もできる?

これは完全に予想ですが、USB接続するのであれば、同時に充電もできると更にうれしい。
充電の手間が省けます。
 

けど無線も便利

Oculus Linkはもちろん便利ですが、Virtual Desktopを使った無線接続も便利です。
 
ゲームによっては、ネットワーク回線さえ安定していれば、ラグをほとんど感じない物もあります。
そういうアプリは、これまで通り、Virtual Desktopを使うのも十分にありです。
 
やはり、ケーブルレスは強い。
 

11月リリース!

来年かと思ってましたが、どうやら11月にリリースされるらしい。
もうすぐじゃないですか!!正座して待ちます。
 
facebookさんありがとう。
 

[2] 自分の手がコントローラになる!

Oculusのハンドコントローラーを使わず、自分の手がVR内でコントローラ代わりになります。
 
 
ハンドトラッキング」ですね。
 

コントローラ無しで操作できる

単純にコントローラが無いと楽、というのもありますが、ヘッドセットをかぶるだけでVR体験が完結してしまうのはスゴイ。
 
SF映画で良く見たシーン、「フォルダっぽいものを空間に映して、他の人に投げる」とか、「みんなで同じ画像を見ている時に、手の操作だけで拡大する」なんかができてしまいますよ。
カッコいい。。。
 

自分の手で触れる?

ゲームやUnityをプレイしている時、「コントローラじゃなく、自分の手で触りたい」と思うことが良くありました。(ありますよね?)
 
もちろんハンドトラッキングを使っても、触れることはできないんですが、視覚的には自分の手で触っているのと同じ感覚になりそうです。
 
いろいろ捗りそうですよ。
 

センサー性能すごい

以前、XboxでKinect(キネクト)というものがありました。
カメラやセンサーだけで、体の動きをとらえることができましたが、それを思い出しましたよ。
 
ブログによると、いま流行りのディープラーニングで手と指の位置を認識させているらしい。
それがOculus単体で出来るとは。。。
 
あと、認識できるのは「Oculus Questが見えている部分だけ」だと思いますが、手で隠れている部分(指とか)がどこまで追随できるか興味があります。その辺りは、ディープラーニングでなんとか「予想」するんでしょうか。
 

2020年リリース!

意外と早く、2020年初頭とのこと。
ゲーム側の対応が、アップデートなのか専用のゲームが必要なのか分かりませんが、とにかく楽しみです。
 
近未来が来てますよ!
 

[3] Oculus Goのゲームができる!

以前、Oculus Quest のシステムアップデート(7.0.0)で、Unityアプリ内のコントローラが使えなくなったことがありました。
 
その原因となったものが「Oculus Go アプリの対応準備」と言われていましたが、本当にGoのゲームができるようになりました。
 
 

できるゲームが増える

Oculus Goは、2018年5月に発売されたケーブル不要のVRヘッドセット
 
発売から時間が経っていることもあり、結構な数のゲームがリリースされてます。
 
その中で「50以上の人気ゲーム」がプレイできるようになります!
 
Oculus Goは、Oculus Questより性能が低いようですので、ほぼ同じクオリティでプレイできる可能性が高いですね。
Riftからの移植ゲームの場合、テクスチャが寂しくなっていたゲームもありましたので、このパターンはうれしい。
 
ここの「Which Oculus Go and Gear VR apps can I use on Quest?」にリストアップされてましたよ。
 

来週から順次対応!

対応が早い!
最近、iPhoneのOculusアプリでゲームが増えてないか確認するのが日課なんですが、来週以降、一気にゲームが増えそうです。
 


[4] 現実世界が良く見える!

Oculus Questの機能の一つに「パススルー機能」があります。
これは、Oculus Questの前面に付いたカメラを使って、ヘッドセットの向こうの画像を見る機能です。
 
ヘッドセットをかぶったままコントローラを探したり、障害物を避けて歩いたりできるので非常に便利。
けど、画質がかなり荒いのが難点でした。
 

画質が向上する

今回リリースされる「パススルー+」で、この画質がかなり向上します。
 
白黒なのは変わりませんが、荒さがかなり軽減している感じですね。
このレベルなら、前にいる人の表情なども分かりそう。
 

来週にリリース!

機能が改善されるのはありがたい。
楽しみですよ。
 

まとめ 

Oculus Questの機能追加が発表されました。
 
USB接続でPCのVRゲームをプレイできる、自分の手がコントローラになる、Oculus Goのゲームができる、外が良く見える。神アプデ確定です!
 
Oculus Questを買って良かったと本当に思いましたよ。
最高です!!
[2019/09/29追記]
2019年9月30日に入荷予定です!やっと販売再開ですね。
私は128GB版を購入してます。今はアプリ19本で空き容量が97GBでした。かなり入りますね。
 
 
 
スポンサーリンク

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

【Oculus Quest】最適設定を知りたい!ツールでVirtual Desktop+PC向けVRゲームの負荷を調べました

【Oculus Quest】勘違いしてました!Oculus Goのアプリがそのままプレイできるなんて


最近のコメント

だーしゅ
IT関係のお仕事してます。
Oculus Quest+Unityが楽しい!

[当ブログについて]