Caelumのapoptosisがとても心地よいのです

 
Caelumというアーティストをご存じでしょうか。
 
カテゴリ的にはエレクトロニカ、ポストロックになると思います。
 
 
アルバム「Weather Report」の最初に
plural now、apoptosisという曲があるのですが、
初めてこの2曲を続けて聞いた時、なんとも言えない心地よさを感じました。

それぞれのイメージです。
 
plural now
ノイズ、電子音、ベースに流れるオルガン的な音。
一定のリズムで進む。落ち着く。
最後には電子音が残る。
 
apoptosis
低音ピアノ+ノイズから始まる。
メロディーラインはピアノ。
常に流れるノイズが心地よい。
1/3くらいから、高音ピアノの旋律が加わり、華やかに。
ここから疾走が始まる。
中盤でノイズのような伸びがあるメロディ。物悲しい。
終盤、これまでのすべてと電子音が混在する。
大きなものの流れ。
 

アルバムはこの1枚だけなのですが、おすすめです。

 
 
スポンサーリンク


カテゴリー: 音楽 タグ: ,

■前後の記事です

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。