【α5100】撮影タイミングを逃さない!予備バッテリーがあると安心です!SONY アクセサリーキット「ACC-TRW」

280-0
 
ソニーのミラーレスカメラ「α5100」を使ってます。
 
撮影していると、少しバッテリーの減りが速いように思えます。
 
 
カタログ値では400枚撮れるらしいですが、
液晶モニタで設定をいじくっていたり、撮影した写真を見ていると、
じわじわとバッテリーが減っていきます。
 
バッテリー残量が1%毎に表示されるので、そう感じやすいのかも知れませんね。
  
 
モバイルバッテリーとUSBケーブルで本体内充電という手もありますが、
充電中は撮影できないので、続けて撮影したい時にはちょっと困ります。
 
というワケで、追加のバッテリーを購入しました。
ついでに充電器も。

スポンサーリンク

セットの方がお得でした

バッテリー(NP-FW50)を単品で買おうかと思っていましたが、
充電器(BC-TRW)も売ってることに気づきました。
 
そういえば、カメラ本体には充電器が付いてなかったですね。
コスト削減なのでしょうか。。。
いくらUSBで本体内充電ができるとは言え、必須だと思うんですけどね。 
 
 
調べてみるとこの充電器、本体内充電よりも速く充電できるらしい。
 
コンセントが必要なので屋外では充電しにくいですが、
金額を見ると、バッテリーとのセットの方が別々に買うより安い!
 
 
単品と比べても数千円の追加なので、セット版を購入することにしました。
 
小さいので旅行先にも持っていきやすいですし。
 
スポンサーリンク

コンセント部分が収納できます

セット品のパッケージ。
280-1
カメラ本体と同じくオレンジ色ですね。
 
 
バッテリーと充電器。
280-3
充電器部分は結構コンパクト。
 
 
コンセントを収納した状態です。
でっぱりがありません。
280-4
 
使う時はこのように引き出します。
280-5
余分なケーブルが無いので、持ち運びにも便利です。
 

小さくて速い!

充電器にバッテリーをセットします。
セットする時には、少し力が必要な感じです。
 
コンセントに直接挿すと、充電開始。
280-6
 
説明書では、充電時間は 220分(3時間40分)のようですね。
280-2
これと本体内充電を併用すれば、バッテリーを2本同時に充電できますね。
 
 
[2015/10/04追記]
実測では 160分(2時間40分)でした。
カタログ値より、1時間も速い!
 
グラフにするとこんな感じ。
280-10
温度やバッテリー状態で前後するようですが、思った以上に速かったのでうれしい。
 

まとめ 

ソニーのα5100用に予備バッテリーと充電器を買いました。
 
予備バッテリーがあれば、撮影の合間にモバイルバッテリーから本体内充電しておくことで、連続した撮影に備えることができますね。
常に2本フル充電されたバッテリーがあれば、当面は大丈夫でしょう。
 
これで安心です!
 
 
 
スポンサーリンク


カテゴリー: デジカメ タグ: , , ,

■前後の記事です

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

だーしゅ
IT関係のお仕事してます。
最近は、まったりした小物を集めてます。
[当ブログについて]

最近の記事

最近のコメント