【α5100】デジカメの充電が3倍速い!Ankerのモバイルバッテリーなら80分で充電できた(→速くない個体もあるようです)

281
ソニーのミラーレスカメラ「α5100」を使ってます。
 
この機種はUSBケーブルを使った本体内充電ができるんですが、付属のACアダプタではなく、モバイルバッテリーを使っても充電できるようです。
 
 
先日購入したAnkerのモバイルバッテリーで試してみると、とにかく充電が速い!
 
追加購入した専用の充電器より速いとは。。。 

スポンサーリンク

速い!

使ったのはこの記事でも紹介しているAnkerのモバイルバッテリー、
「Anker PowerCore 10400」です。
 
商品名の数値の通り、10400mAhの容量があります。
iPhone6なら4回フル充電できるらしい。
 
240gなのでちょっと重いですが、これだけ容量があれば安心なので重宝してます。
76-4
 
実際に充電してみると、カメラのバッテリー残量が0%の状態から始め、1時間20分(80分)で100%になりました!
 
付属のUSB充電器が 5時間10分(310分)、別売りのバッテリーチャージャー(BC-TRW)なら 3時間40分(220分)なので、実に3~4倍の速度ということになります。
※いずれもカタログ値
 
これはかなり速い!
  
スポンサーリンク

速すぎる!

せっかくなので、グラフにしてみました。
281-3
0~100%まで安定して充電できてることが分かりますね。
 
 
これだけ充電時間が速いのは、供給電力が多いからでしょうか。
Anker PowerCore 10400の場合、各ポート毎に最大2.4Aらしい。
 
 
正直なところ、余りにも充電が速すぎるのでバッテリーに変な負荷がかかっていないか心配になるところですが、このモバイルバッテリーに付いている「PowerIQ機能」が良い感じに調整してくれてるので大丈夫でしょう。たぶん。
 
とりあえず自己責任ということでお願いしますね。
 
充電時間が短いのはとても魅力的ですので、私はこの組み合わせで使っていきますよ。
 

いろいろ実測してみた(その1)

せっかくなので他のデバイスからの充電時間も測ってみました。
 
ちなみにAnker PowerCore 10400では、1時間20分(80分)で100%でしたね。
 
■α5100付属のUSB充電器
281-40
標準で付いている充電器です。
 
実測結果では、3時間57分(237分)でした。
カタログ値の5時間10分(310分)より1.3倍速いという結果に。
281-41
けど、充電で4時間かかるのはやはり遅い!
 
PowerCore 10400と比べると3倍遅いことになります。
なんとかならなかったのでしょうか。。。
 

いろいろ実測してみた(その2)

■専用のバッテリーチャージャー(BC-TRW)
280-0
別売りの充電器です。
USB経由ではなく、直接バッテリーを入れて充電します。
 
この記事で実測したところ、2時間40分(160分)でした。
カタログ値の3時間40分(220分)より1.4倍速いようです。
 
PowerCore 10400と比べると2倍遅いですが、まだ速いほうですね。
 

いろいろ実測してみた(その3)

■Anker Astro E1
75-21
これもAnkerのモバイルバッテリー。
この記事で紹介してますよ。
 
容量は5200mAhですが、その分小さいので普段の持ち運びに便利。
 
 
実測結果では、1時間35分(95分)でした。
グラフを見ると、最初が少し遅れただけで充電速度はほぼ同じ。
281-20
これは速い! 
 
充電が終わった時、バッテリーのLEDが2/4個になってましたので、このモバイルバッテリーなら2回ほどフル充電できそうです。
 
軽いので持ち運びにも便利。
 

いろいろ実測してみた(その4)

■Anker PowerCore 20100
78-0
この記事で購入した同じAnkerのモバイルバッテリーです。
 
容量は20100mAhとほぼ倍のサイズ。
 
 
まだ検証途中なんですが、充電速度がAnker PowerCore 10400より遅い感じです。
40分充電で16%程度なので、このまま行けば 4時間10分(250分)かかる計算に。
3倍も遅いじゃないですか。。。
スペックは同じはずなのに。
 
[10/11追記]
USB電圧/電流チェッカーで実際の供給状況を調べて見ました
結果は 5.09V/0.48A とやはり電流値が1/3でした。
※他のAnkerバッテリーは5.16V/1.43A。
 
といいつつ、試しにiPhone6を充電してみると、3種類いずれも 1.10A と差が無いという結果に。。。
良く分からないのでメーカーに質問中です。
 
[10/14追記]
Ankerのサポートから回答が来ました。
「PowerCore 20100からのみデジカメへの充電スピードが遅い場合、個体ベースの相性の問題が考えられます。」
とのこと。
故障ではなく、個体ベースの相性問題ですか。。。
 
という事は、他のAnkerバッテリーと同じように、高速に充電できる個体もある、ということでしょうか?
気になります。 
 
 
もし、α5100とPowerCore 20100をお持ちの方がおられたら、充電時間を測って頂ければとてもうれしいです。
 
80分で充電できれば「相性が良い個体」という事になりそうですね。
 

使いながらの充電はできません

説明書にも書いてありますが、カメラを使いながらの充電はできません。
 
USBケーブルを挿してカメラの電源を入れると、カメラ側がUSB接続モードになり、すべての操作を受け付けなくなります。
ちょっと残念。
 
 
使う時にはUSBケーブルを外す必要があるのでちょっと面倒。
カメラを使いながら充電ができれば、もっと気軽なんですけどね。
 
とはいえ、モバイルバッテリーで充電ができるだけでも助かります。
 

予備バッテリーがあると安心

モバイルバッテリーからの充電はできますが、連続して撮影することを考えると、やはり予備バッテリーがあると安心です。
 
撮りたい時に撮れないことほど悲しいことはありませんので。
 
 
互換バッテリーも探しましたが、良いのが無かったので断念しました。
 
確かに純正バッテリーは高いのですが、今回は1つあれば大丈夫そうです。
 

どれだけ撮れるか?

購入したSDカードは64GBなので画質がファインなら、ざっくり6000枚保存できます。
 
本当に10回充電できれば、そのバッテリー容量で4000枚撮影できることに。
まだ64GBのカードは使い切ることはできません。
 
 
動画を撮れば容量が増えそうですが、MP4にしてるのでサイズは小さいはず。
 
どちらにしてもかなり撮れますね。
 
大容量恐るべし。
 

まとめ 

α5100をAnkerのモバイルバッテリーで充電すると、1時間20分後(80分)で充電できました!
かなり速いので驚きましたよ。
 
これでバッテリーの心配も無くなりました。
 
思う存分、撮影できます!
 
 
 
 
カテゴリー: デジカメ タグ: , ,
スポンサーリンク

■前後の記事です

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。