Reliqの曲をイメージと聞こえるもので紹介します!疾走率は54%

この記事でSerphの曲を紹介しました。
疾走感と物悲しさの両方があり、とても好きなのです。
 
そのSerphの別名義アーティストが「Reliq」。
 
2014/03/30現在、アルバムが1枚出てます。
Serphの記事と同じように曲の感想とイメージを書いてみました。
 
スポンサーリンク

Minority Report [2011]

142-1

  • tea 最初から鉄琴とバイオリンで疾走。電子音。テンポ早めでテンション上がる。
  • vale 少し悲しくゆっくり。琴の音色。ドラムが力強い。
  • mini コーラスと電子音で少し疾走。ギター。情熱的なダンス。
  • radiator 分断されたノイズとコーラス。寂しい物語。たまに疾走。
  • rushhour 細かな鐘の音、ピアノ、電子音で常に疾走。サビのドラム!キラキラ。
  • pan ゆっくりコーラスとメロディで空間を感じる。カシャカシャノイズが心地よい。
  • gem ノイズとメロディ。定期的に鳴るドラム。最後に疾走。
  • cafein 生活音ノイズ。電子音と鉄琴。
  • distance ゆっくり。常にノイズとピアノとバイオリン。少し寂しい。最後にノイズ。
  • continuity バイオリンとピアノで疾走!何かをたたく音。電子音。すごい。
  • catma23 ノイズとドラムと電子音。繰り返す。
  • feet 1/3から疾走。後半は鉄琴とノイズで明るく。
  • caprice 鉄琴と声。

 疾走率:54%

 ※ [CD] [MP3] (amazonで見る)
 

まとめ

4月に2枚目のアルバム「Metatropics」が出ます。
 
販売元のnobleウェブショップで購入すれば、
未発表曲のミニアルバムが特典で付くようです。
 
既に予約済みなのですが、早く聞きたい!
 
スポンサーリンク


カテゴリー: 音楽 タグ: , ,

■前後の記事です

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。