ノートパソコンのT440sにSDXCカード(UHS-I対応)を挿したらかなり速かった!

140-10
 
ノートパソコンにはLenovoのT440sを使ってます。
 
最近、空き容量が足りなくなってきたので増やす方法を考えてましたが、
この記事にも書いたようにSDカードを使うことにしました。
 
これで60GBくらいは空き容量が増えそうですよ。
 

スポンサーリンク

UHS-I規格ってなに?

UHSは「Ultra High Speed」の略でして、
どうやら普通のSDカードより更に最高速度を上げたカードらしい。
規格上の最大値は104MB/s!
 
知らないうちにSDカードも規格が増えてますね。
SD、SDHCまでは知ってましたが、今回購入したのはSDXCで、
更に「UHS-I対応」という感じです。
 
カード側とパソコン側の両方がこの規格に対応している必要があるので、
T440sがこの規格に対応していればうれしい。
 
スペックシート(仕様)でもわかりませんでしたので、試してみるしかありません。
 
スポンサーリンク

かなり速い!

hiyohiyo氏のCrystalDiskMark(Crystal Dew World)でベンチマークをとってみました。
 
140-1
 
ん?

 

これはかなり速い!!!

 
これまでSDHCカードを使ったことはありましたが、
Class10で読み書き速度は15~20MB/sくらいでした。
 
今回のベンチ結果では、シーケンシャルリード(大きいファイルの読み込み)が
4倍の85MB/sになってます。
 
Class10の規格上の最大値が25MB/sですので、
きっちりUHS-Iの性能が出ていることになります。
 
これはラッキーですよ。
 

暗号化できるTrueCryptでも試してみた

TrueCryptというフリーの暗号化ソフトがあります。
 
仮想ドライブ(パスワードで管理)にファイルを置くだけで、
自動的に暗号化・復号化してくれる便利ツール。
セキュリティを高めたい場合に重宝してます。
 
自動的にできて便利な反面、仮想ドライブへのアクセスは
暗号化しない時と比べて若干遅くなる傾向にあります。
 
少し興味がありましたので、このSDカードを使って仮想ドライブを作り、
ベンチマークを取ってみました。
 
140-4
 
2割くらいの速度低下が発生してますが、それでも十分速いですね。
通常のClass10の3倍以上です。
 
TrueCrypt環境でも問題無さそうです。
 

Lenovoの公式サイトにはありませんが

 
もう一度、レノボ公式サイトで調べてみましたが、
> 4 in 1 メディアカード・リーダー(SDメモリーカード、SDHCメモリーカード、SDXCメモリカード、MMCメモリカード)/スマートカード・リーダー
と記載されているのみ。
 
明記はされてませんが、実際にこれだけの速度が出るということは、
UHS-I対応と言っても良いのではないでしょうか。
 
とりあえず、速ければ良いのです!
 

まとめ

今回購入したSDカードのおかげで、空き容量不足が解消できました。
速度もたまたまUHS-Iに対応していたようで、速度もかなり速い。
 
SDカードですので、交換も簡単ですし。
 
これでT440sが更に強まりましたよ!
 
 
 
スポンサーリンク


カテゴリー: パソコン タグ: , , , , ,

■前後の記事です

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。