パソコンが便利で楽になるものを紹介しています。

menu

パソコンが便利で楽になるものを紹介しています

勝手にカーソルが移動して困る!文字を入力中にタッチパッドに触れてしまうのは「Touchpad Blocker」で解決です

 
ノートパソコンを使って文字を入力してる時、いきなりカーソルが移動することがあります。
変な位置に文字を入力してしまうので、非常に困ります。
 
どうやらタッチパッドに手が触れてしまい、「カーソル移動+クリック」状態になってしまったようです。
できるだけパッドに触れないよう気を付けていても、ついつい触ってしまうんですよね。。。
 
パッド機能をオフにすると解決するんですが、今度はタッチパッド機能が使えません。
使えないのも困りますが、カーソル移動よりはマシだったので、しばらくはパッド機能をオフにしてました。
 
何か良い方法はないでしょうか。。。

入力中だけオフになれば良い!

何か良い方法は無いかと探してみると、「Touchpad Blocker」というアプリが見つかりました。
 
アプリの名前の通り、タッチパッドをブロックしてくれます。
 
しかも、文字を入力中にだけ。
素晴らしいですね。
 
さっそくダウンロードして、アプリをインストールしておきます。
 

設定は簡単

設定はいたってシンプルです。
 
基本的には、タッチパッドをブロックする時間を設定するだけ。
 
Block accidental taps and clicks」にチェックを入れて、「Time interval to block clicks」で秒数を設定します。 
 
私の場合、とりあえず1秒にしてます。
あとは使いながら時間を調整すればOK!
 
Automatically run program on startup」にチェックを入れると、Windows起動時にプログラムを開始してくれるので良い感じです。
 

変なカーソル移動が無くなった!

さっそく、「Touchpad Blocker」アプリを起動した状態で、ノートパソコンで文字を入力してみます。
しばらく試してみたところ、文字を入力してる時の余計なカーソル移動が無くなりました!
 
アプリの設定で「Also block move and wheel events」はオフにしてるので、文字の入力中でも、マウスカーソルの移動はできます。
これでやっと、マウスとタッチパッドを両方同時に使えますよ。
 
快適ですね。
 

効果が無い場合に確認したいこと

私の環境の場合、なぜか「テキストエディタの秀丸」でのみ、効果がありませんでした。
 
Excelやエクスプローラなど、他のアプリではブロックされてます。
設定を確認しても特に問題は無さそうです。
 
 
いろいろ試したところ、秀丸が管理者モードで実行されてるのが原因のようです。
 
秀丸側の設定を変更しても良いですが、ちょっと面倒なので、今回は「Touchpad Blocker」側で調整することにしました。
 
Touchpad Blocker.exeの「プロパティ-互換性」で、「管理者としてこのプログラムを実行する」にチェックを入れるだけ。
 
これで、秀丸でもブロックしてくれるようになりました。
 

まとめ

ノートパソコンで文字を入力してる時、知らないうちにタッチパッドに触れてしまい、勝手に文字カーソルが移動して困っていました。
 
そこで見つけたのが「Touchpad Blocker」アプリ。
文字を入力してる時だけ、タッチパッドのクリック動作をブロックしてくれます。
 
これで文字入力に集中できます!
 
スポンサーリンク


コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。


最近のコメント

だーしゅ
IT関係のお仕事してます。
パソコンが楽になる
何かが見つかるとうれしい。
[当ブログについて]