プレイ中のゲームや気になるゲームとか

アイテムロストを避けたい!スイッチ版テラリアでセーブデータを2つにする方法

アイテムとお金を落としてしまう
 
スイッチ版のテラリアをプレイしてます!
とても面白いんですが、一つ困ったことが。。。
 
それは、難易度がノーマルの場合、死ぬと「アイテムとお金を落としてしまう」ということ。
 
復活後に回収しにいけば拾えるのですが、復活地点から遠くて強い敵がいると、回収が非常に難しい!
 
難易度がソフトコアなら落とすのはお金だけですが、難易度は途中で変更できません。
ゲームをかなり進めている場合、ユーザを再作成しないといけないのはかなり面倒です。
 
しかも、スイッチ版のテラリアにはセーブデータが一つしかありません。
 
複数とは言いませんが、せめてもう一つだけでも作成できれば良いのに、ということで方法を考えました。



(1) 下準備です

Nintendo Switch Onlineの「セーブデータお預かり機能」を使います。
 
セーブデータはスイッチ本体に一つだけなので、クラウド(サーバー)上のセーブデータを使えば良いというわけですね。
 

Nintendo Switch Onlineを使います

Nintendo Switch Onlineは有料のサービスです。
 
個人なら通常版、3アカウント以上ある場合はファミリープランがお得です。金額的には12ヶ月がお得ですが、使う期間だけOnlineに加入するのも良いですね。
 
他のゲームでオンラインプレイができるだけでなく、ファミコンやスーファミのゲームもプレイできるのがうれしい。
 

オンラインの自動バックアップをオフにする

デフォルトでは、セーブデータがクラウド(サーバー)へ自動的にバックアップするよう設定されてます。
 
便利なんですが、バックアップタイミングが「スリープ中などに」と書いてあるので、変なタイミングでバックアップされても困ります。ですので、この設定をオフにしておき、常に手動でバックアップするようにします。
 
ゲーム選択画面でカーソルをテラリアに合わせ、+ボタンを押します。
ゲーム選択画面
 
「セーブデータお預かり」を選択し、自分のアカウントを選択します。
セーブデータお預かり
 
セーブデータの自動バックアップ」でAボタンを押して、OFFにします。
セーブデータの自動バックアップ
 

セーブデータの操作に注意しましょう!

これで準備OKなんですが、この記事の方法は「セーブデータのバックアップとダウンロード」を行います。
 
もし操作を間違ってしまうと、
・レアアイテムをゲットしたのに、セーブデータが元に戻ってしまう
・アイテムロストしたのに、そのセーブデータが本物になってしまう
といった大変なことが起こります。
 
オンラインのセーブデータを操作する時は、十分に気を付けましょう。
 
それが心配なら、テラリアのユーザを作成しなおして、難易度をソフトコアでプレイするのを強くおすすめします。私も、もう少し早ければ、ユーザ作成からやりなおしてたかも知れませんね。
 
問題ない場合は、次の説明に進みましょう!
 

(2) テラリアでセーブする

まずはテラリアのセーブから。
 
プレイ中に+ボタンを押して、「セーブしてやめる」を選択する。
セーブしてやめる
 
しばらく待ちます。
しばらく待ちます
ワールドが大きいと、セーブ時間が長いですね。。。
 
メニュー画面に戻れば完了です。
メニュー画面
 

(3) オンラインにバックアップする

次に、先ほど保存したセーブデータをオンラインにバックアップしていきます。
 

設定方法

ゲーム選択画面でカーソルをテラリアに合わせ、+ボタンを押します。
ゲーム選択画面
 
セーブデータお預かり」を選択し、自分のアカウントを選択します。
セーブデータお預かり
 
セーブデータのバックアップ」を選択します。
セーブデータのバックアップ
操作を間違えないように!
ここでダウンロードを選択してしまうと、セーブデータが一つ前に戻ってしまいます。。。
 
 
「プレイ中のソフトを終了します。」で「終了する」を選択します。
プレイ中のソフトを終了します
 
セーブデータのバックアップが始まります。
セーブデータのバックアップ
ネットワーク環境にもよりますが、数十秒くらいでしょうか。
 
バックアップが完了しました!
バックアップが完了
 
念のため、画面表示を確認しておきましょう。
「サーバー」と「この本体」のセーブデータの時間が同じで、画面右下に「バックアップできています」と表示されていればOKですね。
 
これでセーブデータがもう一つできました
 
万が一の時には、このセーブデータに戻すことができます。
 

どんな時にバックアップするか

バックアップするには、一度ゲームを終了する必要があります。
ゲームの起動やセーブ・ロードには時間がかかりますので、頻繁にするのも面倒。。。
 
とはいえ、地下に長時間潜っている場合などは「もう少しくらい大丈夫だろう」と思いがちです。
 
そんな時に限って、地面に着地した瞬間に起爆装置付きのダイナマイトで吹っ飛ばされたり、壁に穴を開けたら強い敵が大量に出てきて瞬殺されたりするもの。序盤は、落下死にも注意ですね。
 
レアアイテムをゲットした時やある程度長時間プレイした後などに、バックアップしておくと安心です。
 


(4) オンラインからダウンロードする

やられた!!!
 

回収できる時は回収する

まずはがんばって回収しましょう。
 
せっかくのノーマルモード。
回収できるかどうかの不安が楽しめる?のは、このモードのだいご味です。
 
とはいえ、回収できるまではかなり心配なんですけどね。なぜか、アイテムが消えている時もありますし。アイテムロスト怖い。。。
 
事前に「回収用の予備装備一式」を宝箱に入れておくと素早く回収に出発できます。序盤は予備にまわせる装備も少ないですが、できるだけ強い武器・防具を使いましょう。まほうのかがみ(もしくは、きかんのポーション)も忘れないように!
 

設定方法

残念ながら回収できなかった場合、セーブデータを戻しましょう。
 
ゲーム選択画面でカーソルをテラリアに合わせ、+ボタンを押します。
ゲーム選択画面
 
「セーブデータお預かり」を選択し、自分のアカウントを選択します。
セーブデータお預かり
 
カーソルを一つ下に移動して、「セーブデータのダウンロード」を選択します。
セーブデータのダウンロード
操作を間違えないように!
ここでバックアップを選択してしまうと、いまの「回収できなかったセーブデータ」が本物になってしまいます。
 
「プレイ中のソフトを終了します。」で「終了する」を選択します。
プレイ中のソフトを終了します
 
注事事項を良く読んで、「本体のセーブデータを上書きする」を選択します。
本体のセーブデータを上書きする
 
しばらくすると、セーブデータが以前の状態に戻ります。
 
次はやられないように気を付けよう。。。
 

まとめ 

スイッチ版テラリアで、難易度ノーマルの時、死ぬとアイテムとお金を落としてしまうので困っていました。回収できれば良いんですが、できなかった時の絶望感がハンパない。。。
 
ユーザを作り直してソフトコアにするのも面倒なので、オンラインのセーブデータお預かり機能を使う事にしました。
 
やや操作が面倒ですが、アイテムロストするよりはマシかと思います。しかも、回収するまでの不安がありますので、難易度はノーマルとソフトコアの間くらい、ほど良い緊張感が楽しめるような気もします。
セーブデータを間違って保存してしまうという、別の緊張感はありますが。。。
 
スポンサーリンク

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

スイッチ版のテラリアにミニマップがあるのでライトを買いました!

スイッチ版テラリアで最初にやっておきたい設定です


最近のコメント

だーしゅ
IT関係のお仕事してます。
Oculus Quest+Unityが楽しい!

[当ブログについて]