パソコンのバックアップ方法を紹介します。


menu

パソコンのバックアップ方法まとめ

robocopyを使ったバックアップ用バッチファイルでパラメータの変更を一か所にして楽をする方法

 
robocopyコマンドでバックアップする時、
 
こんな感じですべての行でパラメータ指定していましたが、
set logfile="c:\work\%date:~0,4%-%date:~5,2%-%date:~8,2%_backup.log"
robocopy "C:\ライブラリ1" "J:\バックアップ\ライブラリ1" /MIR /R:0 /W:0/LOG+:"%logfile%" /NP /NDL /TEE /XJD /XJF
robocopy "C:\ライブラリ2" "J:\バックアップ\ライブラリ2" /MIR /R:0 /W:0/LOG+:"%logfile%" /NP /NDL /TEE /XJD /XJF
robocopy "C:\ライブラリ3" "J:\バックアップ\ライブラリ3" /MIR /R:0 /W:0/LOG+:"%logfile%" /NP /NDL /TEE /XJD /XJF
 
この1行だけの修正で良くなります
set logfile="c:\work\%date:~0,4%-%date:~5,2%-%date:~8,2%_backup.log"
robocopy %1 %2 /MIR /R:0 /W:0 /LOG+:"%logfile%" /NP /NDL /TEE /XJD /XJF
 
 
この記事では、パラメータを一か所変更すれば良くなる、バッチファイルの作成方法を紹介します。
 
 

スポンサーリンク

もくじ

 

スポンサーリンク

Windows 7とWindows Server 2003で実際に使ってます

以下で説明する方法は私が、
  • Windows 7
  • Windows Server 2003
のバックアップで実際に使っている方法です。
 
 
7 と 2003で実行できていますので、
  • Windows Vista
  • Windows XP
  • Windows Server 2008
でも同じ方法が使えると思います。
 
試してみてくださいね。
 
 
 

元のバッチファイルはこんなのでした

Robocopyでバックアップした時のログファイルを日付毎に作成する方法』では、以下のようなバッチファイルを作成しました。
 
set logfile="c:\work\%date:~0,4%-%date:~5,2%-%date:~8,2%_backup.log"
robocopy "C:\ライブラリ" "J:\バックアップ\ライブラリ" /MIR /R:0 /W:0 /LOG+:"%logfile%" /NP /NDL /TEE /XJD /XJF
 
名前は「ライブラリのバックアップ.bat」でしたね。
 
 
これを使って、以下の2つのバッチファイルを作成します。
  1. rc.bat
  2. ライブラリのバックアップ.bat
 
 
 

「rc.bat」を新しく作る

以下を参考にして、rc.batという名前のバッチファイルを作成しましょう。
 
set logfile="c:\work\%date:~0,4%-%date:~5,2%-%date:~8,2%_backup.log"
robocopy %1 %2 /MIR /R:0 /W:0 /LOG+:"%logfile%" /NP /NDL /TEE /XJD /XJF
 
青字はログファイルのパス、赤字はバックアップのパラメータでした。
 
環境に応じて変更してくださいね。
 
 
%1%2がポイントです。
 
これで「バックアップ元」と「バックアップ先」のパスを設定しています。
 
 
ちなみに、rc.batという名前は変更しても問題ありません。
もう一つのバッチファイルで使いやすいように短い名前にしているだけですので。
 
 
 

「ライブラリのバックアップ.bat」を修正する

以下を参考にして、ライブラリのバックアップ.batを修正しましょう。
 
cmd /c rc.bat "C:\ライブラリ1" "J:\バックアップ\ライブラリ1"
cmd /c rc.bat "C:\ライブラリ2" "J:\バックアップ\ライブラリ2"
cmd /c rc.bat "C:\ライブラリ3" "J:\バックアップ\ライブラリ3"
 
「cmd /c」コマンドで、「rc.bat ファイル」を実行する、そんな感じです。
 
そのあとの引数には、「バックアップ元」と「バックアップ先」のパスを指定します。
 
 
これで設定は完了です!
 
 
 

バッチファイルを実行してみる

ライブラリのバックアップ.batを実行すると、これまでと同じようにバックアップできました!
 
 
 

まとめ

今後、パラメータを変更したい場合、rc.batだけを修正すれば良いので楽ですね。
 
 
特に、バックアップのフォルダ設定がたくさんある場合に威力を発揮しますよ。
 
設定箇所が1箇所ということは、修正ミスも発生しにくくなります。
 
 
一度、お試しくださいね。
 

スポンサーリンク

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

だーしゅ
IT関係のお仕事してます。
バックアップが趣味。

[当ブログについて]

最近のコメント

  • だーしゅ { イラストは自作ではなく、イラストレーターの方に描いて頂いています。 他のブログや趣味ですが、空いた時間でぼちぼちやってます。 平日は時間が取れないことが多いので、週末が多いですね。 } – 8月 30, 3:01 AM
  • 悪戦苦闘中 { だーしゅさん、返信ありがとうございます。 話が変わりますが、ここの一連のサイトにある可愛いイラストってだーしゅさんの自作でしょうか? だとすると凄い多妻…じゃなくて、多才ですね。 他のブログもちらっと拝見しましたが、キャンプはするは、出張はするは、書斎は作るは、ゲームで遊ぶは、 昼寝はするは(?)と、一体いつ寝ているんでしょうか? (あっ昼? まさが仕事中とか?!) IT関係の仕事って言うだけで寝る間もないようなイメージですが、一体どうやってこんなに大量に楽しそうにこなせるんだろーか? 私からすると魔法かマジックとしか思えないです。 私ですか? 毎日同じ家事と雑用とPCのトラブル対処とかで人生の殆どを費やしてます。。。テレビも見てません。 この差は、一体なんだろーか? orz... } – 8月 28, 6:46 PM
  • だーしゅ { 悪戦苦闘中さん、コメントありがとうございます。 ドライブレターをDやEなどでは無く、もっと後ろ、XやYなどにすると変わりにくいかも知れません。 おまじない程度ですが。 } – 8月 28, 3:18 AM
  • だーしゅ { 悪戦苦闘中さん、コメントありがとうございます。 理由はいくつかあります。 ・バックアップのフォルダが複数ある場合、バッチファイルの方が設定しやすい。 ・設定内容は、テキストエディタで見た方が分かりやすく間違えにくい。 ・一時的に設定を変えたい場合、バッチファイルならコピーしておけばOK。 などでしょうか。 バックアップフォルダが1つであれば、直接robocopyコマンドを登録する方法もアリですね。 } – 8月 28, 3:06 AM
  • 悪戦苦闘中 { この記事では、robocopyをバッチファイルに入れてから、それをタスクスケジューラに登録しているようですが、タスクスケジューラに直接 robocopyコマンドを登録するWeb情報をいくつか発見しました。(まだ、自分では直接登録する方法を試していません) http://beiyan-tool.info/category3/category11/entry12.html http://www.atmarkit.co.jp/ait/articles/1305/31/news049.html http://forsenergy.com/ja-jp/taskscheduler/html/a7df21e3-cdd6-450d-94e8-58579cb7be04.htm わざわざバッチファイルに入れる理由って、何かあるんでしょうか? } – 8月 25, 2:52 PM
  • 悪戦苦闘中 { 4年ぶりにコメントします。 「自動実行をしても定期的な確認は必要です」 => ・ドライブレターが勝手に変わって失敗していた。 この前、実際に起こった話です。 orz...(ドライブを増減していないのに、なぜ?) } – 8月 25, 2:21 PM