【初TOEIC #3】本を読んだり英会話に参加したり

 
最近、TOEIC試験を受けたので、これまでのことを記事にまとめてみました。
 
<関連記事>
【初TOEIC #3】本を読んだり英会話に参加したり ※この記事です

スポンサーリンク

いろいろ本を読んでみた

それ以降、興味を持って読めそうな本をいろいろと読んでみました。
 
いきなり「勉強」となると挫折しそうでしたので、イラスト多めで読み物としても面白い本を20冊ほど。
当時は、とにかく英語に触れるのが大事かなと思ってました。
 
デイビッド・セインさんの本も良かったですね。
 
 
特に、阿川イチロヲさんの「英文法のトリセツ じっくり基礎編」と「単純すぎるよ!英文法」は何回も読みました。
 
 
この本のおかげで、英文で単語を置く場所に意味があることが分かりました。
 
この辺りで、やっとスタートラインに立てた気がしたのでした。
 

英会話に参加してみた

そんな感じで「英語に興味があるモード」になってる時、会社関係で英会話レッスンが開催されることを知りました。
 
不安しかなく分からない事だらけでしたが、毎月1~2回、リアルな生英語を聞ける貴重な体験。
一緒に参加した方も頑張って出席してるので、モチベーションが維持できました。
 
ここでは、「間違っても大丈夫。伝わればOK!」「話せない言葉は聞き取れない」ということを教わりました。
 
そういえば、一番最初の自己紹介で「TOEICで600点取るのが目標です」と言ってました。
 
まだ600点の大変さが分かっていない時でした。
 
 
 
カテゴリー: 全般 タグ: , ,
スポンサーリンク

■前後の記事です

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。