【α5100】雲の動きがキレイ!追加アプリでタイムラプス動画を撮りました

287-1
 
ソニーのミラーレスカメラ「α5100」を使ってます。
 
α5100は、撮影用のアプリケーションを後から追加できます。
欲しい機能だけ追加できるので、なかなか便利。
 
 
既に「マルチショットNR」は持ってるんですが、他に無いかと探したところ、
「タイムラプス」を発見しました!
税込みでほぼ1000円。
 
以前、ネットで自然や山のタイムラプス動画を見て、
一度撮ってみたいと思っていたのでした。
 
 
α5100ではどんな感じになるのか試してみましたよ。
 
スポンサーリンク

「テーマセレクション」で選ぶと簡単!

細かな設定もできるようですが、とにかく簡単に使いたいので
「テーマセレクション」機能を使ってみました。
※「MENUボタン – アプリケーショントップ – テーマセレクション」
 
選択できるテーマは、以下の8種類。
「雲、星空、夜景、夕暮れ、夜明け、ミニチュア、スタンダード、カスタム」
 
今回は「雲」ですね。
 
スポンサーリンク

オプションで時間設定も

更にごみ箱ボタンを押すと、オプションが表示されます。
 
・記録方式:動画、静止画、動画+静止画
・撮影間隔:1~60秒(1秒単位)
・撮影枚数:1~990枚(30枚単位)
 
動画・5秒間隔・240枚を選択すると、撮影時間が19:55になり、
これで10秒の動画が出来上がります。
 
テーマが「カスタム」の場合、更にAE(露出)が選べるようですね。
 

撮影してみた

あとはシャッターを押すだけ。
 
撮影中はパシャパシャとカメラが頑張ってくれます。
これでサイレントモードがあれば最高なのですが。
 
 
そして20分後、撮影が終わり動画ができました!
AVI形式(Motion JPEG)のファイルですね。
 
雲が流れてるのを見ると落ち着きます。
 
(1) 撮影間隔 5秒、撮影枚数 240枚、撮影時間 20分、再生時間 10秒、動画形式 1920×1080 24p
 
(2) 撮影間隔 5秒、撮影枚数 720枚、撮影時間 60分、再生時間 30秒、動画形式 1920×1080 24p 、バッテリー消費 100→66%
後半に雲がたくさん出てきます。
太陽がじわじわ動いてるのがわかりますね。
 
(3) 撮影間隔 1秒、撮影枚数 720枚、撮影時間 12分、再生時間 30秒、動画形式 1920×1080 24p
撮影間隔を5→1秒にすると、雲の動きが滑らかになりました。
 
(4) 撮影間隔 1秒、撮影枚数 720枚、撮影時間 12分、再生時間 30秒、動画形式 1920×1080 24p
前半は良い天気ですが、後半は雨雲に変わりました。
 
撮影後、すぐに動画が見れるのは楽で良い。
 

まとめ 

α5100の追加アプリ「タイムラプス」で雲を撮りました!
 
難しい設定をしなくても、簡単に撮影できましたよ。
 
次は、撮影時間を長くしたり、ミニチュアモードも試してみたい!
楽しみですよ。
 
スポンサーリンク


カテゴリー: デジカメ タグ: , , ,

■前後の記事です

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。