Movable Typeで新たなテーマを適用する前はエクスポートしましょう!変更するとカスタマイズしたテンプレートやウィジェットが消えてしまいます

198-1
 
Movable Typeを5→6に変更したのに合わせて、レスポンシブに対応した「Rainier」テーマを導入しようとしています。
 
ちなみにこれまでのテーマはクラシックブログ。
 
テンプレートやウィジェットを細かくカスタマイズしてきたので、新しいテーマでも同じように再カスタマイズしようと考えてました。
 
ここで問題が。。。
 

スポンサーリンク

テンプレートやウィジェットが消えた!

MT6に変更後、早速「Rainier」を適用してみます。
 
画面の見た目は標準状態なのでシンプルですが、ブラウザのサイズを変更すると、サイドバーのウィジェットが画面下に移動するなど、ちゃんとレスポンシブ対応されてます。
 
素晴らしい。
 
これでスマホで見た時も見やすくなりますね。
 
けど、余りにも見た目が違いますので、元のカスタマイズしてたテーマからHTMLタグなどを持ってこようと設定画面を開くと、以前のテンプレートやウィジェットがありません。。。
 
どうやら新しいテーマで上書き更新されたらしい。
 
困ります。。。
 
スポンサーリンク

MTのバックアップはあるが面倒

データベース(MySQL)のバックアップやMT自体のバックアップはありますが、そこから復元してしまうとMT全体が戻ってしまいます。
 
以前のテーマ情報が欲しいだけなので、ちょっと面倒です。
 
何かなにかと探してみると、「バックアップされたテンプレート」というリンク先に上書き更新される前のテンプレートを発見!
 
テンプレートのリンクをクリックしてみると、これまでカスタマイズしてた内容が表示されます。
 
これは使えそうです。
 

ウィジェットのバックアップは見つからず

けど、残念ながらウィジェットのバックアップはありませんでした。
 
MTシステムで自動的にバックアップされるのは、テンプレートだけのようですね。
 

古い環境が残ってた!

残ってるデータだけで地道に作業を進めていたのですが、「MT5+古いMySQL」環境が残ってることに気づきました。
 
そういえば、MT5→6に変更する前に、MySQLも5.1→5.6に変更していたのでした。
 
一時的にMTのフォルダ名を変更し、古い環境にアクセスするとカスタマイズしたテーマが残ってました。
 
やれやれです。
 
やはり動かしながら確認した方が楽ですので。
 

「テーマのエクスポート」で解決

少し調べてみると、MTには全体のバックアップや記事のエクスポートの他に、「テーマのエクスポート」機能があるんですね。
まったく気づきませんでしたよ。
 
どうやらこういう状況の時に使うようです。
 
出力形式で「zip形式アーカイブでダウンロード」を選択し、エクスポートを実行すると、HTMLファイルでカスタマイズしたテンプレートが取得できました。
 
このファイルと新しい「Rainier」テーマを比較しつつ、再度カスタマイズを行うとしましょう。
 
少し時間はかかりそうですけどね。
 

まとめ

カスタマイズしたMovable Typeのテーマを変更する前には、「テーマのエクスポート」をしておきましょう。
 
テーマを変更してしまうと、カスタマイズした内容が上書きされてしまいます。
 
変更しない場合でも、一通りのカスタマイズが完了した段階でエクスポートしておくと、いつでもその状態に戻せるので便利ですよ。
 
おすすめします。
 
カテゴリー: Movable Type タグ: , ,
スポンサーリンク

■前後の記事です

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。