Windows 8.1へアップデートできない!インストールしてないアプリをアンインストールしろと言われます

117-0
 
Windows 8.1が公開されたので早速アップデートしてみました。
 
が、できませんでした。
 
 
エラーメッセージによると、
=========================
これらのアプリをアンインストールしてください
Windows 8.1にアップデートする前に、これらのアプリをアンインストールしてください。
アップデートを中断する場合は、後でストアから再開できます。
・Daemon Tools
=========================
とのこと。
 
そんなアプリ、インストールしてないですよ。 

スポンサーリンク

そんなアプリは入れてない

「Daemon Tools」はDVDドライブを仮想的につくるソフトウェアで、確かにWindows 7を使ってた時にはインストールしてました。
 
けど、Windows 8を新規にインストールしたあとは使ってません。
 
OS自体に「ISOファイルを仮想ドライブ化する機能」が付いたので、必要なかったのですよ。
 
 
念の為に「コントロールパネル – プログラムと機能」で確認してみましたが、やはりインストールはされてませんでした。
 
困りました。。。
 
スポンサーリンク

理由を考えてみる

良く考えてみると、Windows Updateやサービスパックのインストールで「ソフトウェアのアンインストール」を指示されたのは初めてかも知れません。
 
何かのソフトウェアをインストールする時に、他のソフト(主に常駐系)を終了させる、というのは良くありましたが。。。
 
 
実際、Daemon Toolsはインストールしてませんので、恐らくそれに近いソフトがインストールされていて、
そのソフトがWindows 8.1の機能を妨げるということなのでしょう。
 
何かしらサービスで動いているか、タスクトレイに常駐しているソフトなのでしょうか?
 
どれだ?
 

試したこと

とりあえずいろいろ試してみました。
 
  • 再起動してみる。
  • シャットダウン後、起動してみる。
  • すべてのWindows Updateを適用してみる。
  • Windowsストアの方で「アプリ」を更新してみる。
  • 常駐系で関係しそうなソフトをアンインストールしてみる。
  • スタートメニューを追加してくれるClassic Shell をアンインストールしてみる。
どれもダメでした。
 
といっても、すべてのソフトをアンインストールした訳ではないので、残ったソフトが怪しいということになりますね。
 

まとめ

いまのところ、まだアップデートはできてません。
 
あと出来そうなことは、「システムバックアップを取った後で、ソフトウェアを一つ一つアンインストールしつつ、8.1のアップデートを試してみる」くらいでしょうか。
 
地道にめんどくさそうな気がしますが、やるとしたらそれしかないですね。
 
気が向いたら試してみますか。
 
カテゴリー: パソコン タグ: , ,
スポンサーリンク

■前後の記事です

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。