BlenderとUnityで作ったものをVR(Oculus  Quest/Oculus Link)で動かします

VRで焚き火する #6 桟橋とボートを配置する【Unity】

 
前回の記事では、キャンプ用品を配置しました。
 
今回は、湖畔に桟橋とボートを配置します。
だいぶんキャンプ場の設備が増えてきましたよ。



開発環境

・Unity 2020.3.10f1(High Definition RP 10.5.0)
・グラボ:ASUS ROG-STRIX-RTX2060S-O8G-GAMING
・Oculus Quest 2(Oculus Link利用)
 

(1) 桟橋を配置する

桟橋は、キャンプ場から少し離れた場所に配置します。
キャンプ場から見て、右奥のほうですね。
 
 
アセット内を見てみると、桟橋部分がつながった長いPrefabがありました。
大きさ的にもちょうど良さそうです。
 
地面部分と水平になるよう高さや位置を調整します。
 
こんな感じでしょうか。
 
キャンプ場から見てみると、これくらいの大きさになりました。
少し遠くにあるのが良い感じ。
 
これで桟橋が完成です。
 


(2) ボートを配置する

次はボートです。
 
アセットストアを調べていると、とても良いボートを見つけました。
Boats Pack」アセットです。
 
早速インポートしてみます。
木製のボートから新しめのボートまで、5種類あるようです。
 
これはちょっと古い感じですね。
 
この白いボートにしましょう。
 
かっこ良いですね。
湖の中に小島を作ってボートで移動する、というのも面白そう。
 

まとめ 

湖に桟橋とボートを配置しました。
 
だいぶんキャンプ場の設備が増えてきました。
次は、焚き火の薪を準備します。
 
スポンサーリンク

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

VRで焚き火する #5 キャンプ用品を配置する(テント、椅子、小物)【Unity】

VRで焚き火する #7 焚き火用の薪と石を配置する【Unity】

最近のコメント

だーしゅ
IT関係のお仕事してます。
VRは楽しいですね。

[当ブログについて]