2.5帖の書斎が完成しました!間取りとレイアウトとインテリアまとめ

書斎机の手触りが良くない!表面に「硬い木の天板」だけ載せられないか考えた

 
書斎の机はコレを使ってます。
 
幅が120cm、奥行きも75cmあるので広々と使えてますよ。
 
 
けど一つだけ不満点が。
天板表面の加工がちょっと安っぽいんですよね。
 
 
叩いた時に軽い音がするのは合板の材質的に仕方ないと思ってますが、
表面を触った時の感触、少しざらついた感じが気になります。
 
机自体は気に入ってるので、このまま使い続けたい。
 
何か良い方法を考えてみます。
 
 


スポンサーリンク

天板に何か載せればいけるはず

机ではないんですが、以前、無印良品の「壁に付けられる家具」で棚を買った時、
質感の良さに驚きました。
 
同じような素材だとは思うんですが、表面の加工・触った時の質感が全く違う!
安定した硬さを感じつつも、しっとりしてます。
 
 
この机もこれくらいだったら良かったんですが。
 
というワケで、机を買い替えるのではなく、
天板の更に上に「硬い板」のようなものを載せることにしました。
 

スポンサーリンク

材質は木で

机の上に載せるものといえばデスクマットがあります。
 
使われている材質はこんな感じ。
 
  • レザー
  • アクリル
  • ガラス
  • 柔らかいゴム
  • プラスチック
  • 木(ヒノキなど)
ヒノキを使ったデスクマットもあるようですが、
今回考えているものとは違うようです。
 
 

ガラスやアクリルは透明なので「机の天板」が見えます。

これはこれで良さげですが、感触がツルツルしてそうなので冬に冷たそう。
 
デスクマットではレザー製を良く見かけました。
色合いも深いこげ茶であったり、品質も良さそう。
 
けど、お値段もそれなりに高い。
 
これで良いと思いかけましたが、硬めといってもやはりレザー。
木よりは柔らかいイメージがあります。
 
 
既成のデスクマットはあきらめて、木を探します。
 

 ウォールナットかブラックチェリー

木の材質にもいろいろありました。
 
  • ウォールナット
  • ブラックチェリー
  • オーク(ナラ)
  • ラバーウッド
  • パイン
  • タモ
硬めで濃い茶色となると、ウォールナットかブラックチェリーでしょうか。
その他の木は色が薄かったり、柔らかかったり。
 
経年で色が変わるのも面白いですね。
ウォールナットは薄く、ブラックチェリーは濃くなる。
 
調べて見るといろいろあるものです。
 

厚さは5~10mm

書斎の机なら、天板の厚さが20mm以上を探すところですが、
今回は机の上に載せるのでそれ以下で無いといけません。
 
あまりに薄いと安定感が無くなるし、厚すぎると机が高くなってしまう。
 
 
5~10mmくらいでしょうか。
 
これくらいなら、机の上に置いてもなんとか邪魔にならないでしょう。
 
もし高くなってしまった場合でも、椅子の方を少し上げれば問題無さそうです。 
 

表面はざらつかず、しっとり

触った時にしっとりしてるのが理想です。
 
木の性質と表面加工が大きいですが、塗装の種類でも変わってくるらしい。
 
  • オイル
  • ウレタン
ウレタン仕上げは表面に厚めの膜が張られるので、
木の質感を感じることができない、と書いてありました。
 
ここはオイル仕上げかそれに近いものを選択したいところです。
 

DIYショップに売ってる?

あとは、天板だけを売ってるお店があるか、です。
 
DIYのネットショップでは、
指定した木の材質・サイズ・表面加工・塗装をやってくれそう。
 
 
簡単見積りがあったので試してみると、
10mm x 1200mm x 400mm サイズのウォールナット(塗装付)で2万円弱。
 
思いのほか高い!
 
本当の奥行は750mmなんですが、高いので半分にしてるんですけどね。。。
 
 
ある意味オーダーメイドだからか、木の材質そのものが高いのか。
 
1万円以下を考えてたので、もう少し良いところを探してみます。
 

まとめ

書斎の机の触り心地が、少しざらつく感じで気になります。
 
「手触りが良い木の天板だけ載っければ?」ということで、
ウォールナット(かブラックチェリー)の天板になりそうな板だけを探し中です。
 
できるだけお安く手に入りますように。。。
 
スポンサーリンク

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

だーしゅ
IT関係のお仕事してます。
書斎は落ち着きます。

[当ブログについて]

最近のコメント

  • だーしゅ { コメントありがとうございます。 机の上に棚を置くのは良いですね。 いまはデッドスペース気味になってますので。 また考えてみたいと思います。 } – 3月 22, 10:32 PM
  • だーしゅ { コメントありがとうございます。 確かに小さい冷蔵庫とかあったら便利そうですね。 いつでも冷たい飲み物が飲めるのはぜいたくな気分です。 この書斎も最初は寝室兼になるところでしたが、なんとか狭いながらも個別の書斎にできました。 書斎兼寝室でもレイアウトを考えれば良い感じにできると思いますよ。 } – 3月 22, 10:30 PM
  • ぷにすけ { 最終的に読んでみましたが、照明のことも考慮されておられたのですね。 卓上に棚を置いて、モニターとスピーカー、その他を置いて、その下の空間を広げ、キーボードとマウスをしまって、手前を自由に使う方法もあります。 机は奥行きが十分にあるようなので、この方法はお勧めします。 何を隠しましょう、私もそうしております。 そこにデジタル液晶時計とリモコンも置いています。 ちなみに棚の高さですが、棚の中にキーボードをしまっても、その中でキーが打てるくらいの高さが必要です。 私は12cmにしました。 知り合いの何でも屋にいつも頼んで細かいものを頼んでいます。 安く買う方法として、何でも頼める工務店件電気屋のようなところを確保するのもお勧めします。 } – 3月 22, 7:13 PM
  • ぷにすけ { 初めまして。 とても楽しく拝見させていただきました。 私も書斎をどうしたらよいかを今考えている最中で、参考にしたいと思っています。 私の部屋は6畳でして、布団の寝室とかねています。 拝見させていただいたところ、照明は範囲に入れていないようですね。 後出来れば小型のワンボックスの冷蔵庫も欲しいところです。 しかし、電気代を非常に使っていつので、親から電気を使うものに対しては眉間にしわを寄せられています。 やはり、書斎と寝室は分けたいところですが、リフォームでもしないと無理なので、今は書斎兼寝室で考えています。 また、面白い記事などを見かけたら書き込もうかなとも思っていますので、ここの更新も行っていただきたいです。 それでは。 } – 3月 22, 7:00 PM