パソコンが便利で楽になるものを紹介しています。

menu

パソコンが便利で楽になるものを紹介しています

やっとできた!Thunderbirdの送信済みトレイでメールを振り分ける方法

Thunderbirdで受信したメールはメッセージフィルタ」で振り分けできますが、自分が送信したメールは振り分けができません。
 
フィルタの対象は受信トレイだけで、送信済みトレイを対象にすることはできないようです。
おしいですね。
 
 
けど、メールを送る時、
  • Aさんにどんなメールを送ったっけ?
  • 前にAさんに送ったメールを再利用したい!
という時がありますよね。
 
送信済みトレイを「メッセージを検索」や「クイックフィルタ」で検索しても良いですが、いちいち検索ワードを入力するのも面倒です。
 
この記事では、送信済みトレイのメールを振り分ける方法を紹介します。
 

設定方法

「メールを振り分ける」と書きましたが、厳密には振り分けるのではなく、条件に一致するメールのみが表示されるフォルダを作ります。
 
GMailのラベルに少し近いでしょうか。
 
 
設定のポイントは「検索フォルダ」ですよ。
 
  1. アカウントの「送信済みトレイ」を選択する。

  2. Thunderbirdのメニューで「ファイル – 新規作成 – 検索フォルダ」を選択する。

  3. 新しい検索フォルダ」画面で以下を入力する。

    ・名前:好きなフォルダ名を入力する。
     ”Aさんへのメール”など、わかりやすい名前が良いですね。
    ・作成先:「送信済みトレイ」が選択されていることを確認する。
    ・検索対象:「選択」ボタンを押して、検索するフォルダを選択する。今回の場合は「送信済みトレイ」にチェックを入れましょう。

  4. 検索フォルダで使用する検索条件を設定してください」とありますので、メールを絞り込む為の条件を入れていきます。

    今回は「Aさんに送ったメールで絞り込みたい」ので、こんな感じになります。
    ・「すべての条件に一致」にチェックを入れる。
    ・「宛先」「が次と一致する」を選択し、入力欄にAさんのメールアドレスを入力する。

    条件には「すべての条件に一致」や「いずれかの条件に一致」、「件名、差出人、本文、送信日、重要度、状態、宛先、Cc、添付ファイルの有無、カスタムヘッダ」などがありますので、かなり細かく設定することもできますよ。 

  5. 作成ボタンをクリックすると完了です!
 送信済みトレイの下に「虫眼鏡付きの青いフォルダ」が増えたはずです。
これが検索フォルダになります。
 
このフォルダを選択すると、Aさん宛てのメールだけが表示されています。
 

まとめ

こんな感じで複数の検索フォルダを作っておけば、メールを探したり、管理するのがかなり楽になりますよ。
 
一度、お試しくださいね。
 
スポンサーリンク


コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。


最近のコメント

だーしゅ
IT関係のお仕事してます。
パソコンが楽になる
何かが見つかるとうれしい。
[当ブログについて]