プレイ中のゲームや気になるゲームとか

【Diablo】H100TA(Windows8.1)のDiablo2で「3dfx Glideモード」を使うと更に滑らかで画面表示がリアルになった!

2019.09.14(投稿日:2014.06.08)

2 comments

20140608-d-0
 
この記事で、無事にDiablo2が動くようになったわけですが、動くとなったら、更にきれいに動かしたくなってくるものです。
 
ネットで調べてみると、Diablo2を「3dfx Glide」モードで動かすソフトがあるようですね。
実際に試してみました!
 
ちなみに3dfxといえばビデオカードのVoodoo。
当時はお世話になりました。
 



インストール方法

  1. ソフトウェアをダウンロードする。

    Glide3-to-OpenGL-Wrapper

    最新のファイルをダウンロードします。
    今回の場合、Version 1.4eのgl32ogl14e.zipでした。
    ありがたく使わせて頂きます。

  2. 1のファイルを解凍して、Diablo2のインストールフォルダにコピーする。

    ・glide3x.dll
    ・glide-init.exe
    ・glide-readme.txt
    の3ファイルをコピーします。

    コピー先は、デフォルトであれば、
    C:\Program Files\Diablo II
    だと思います。

    ここの直下で良いですよ。

 

設定方法 (Diablo2側)

  1. Video Testを実行して、「Run Test」ボタンをクリックする。
    テストが実行されます。
  2. Available Video Modesで「3dfx Glide」を選択する。
    OKボタンを押すと画面が閉じます。

    20140608-d-2

  3. 次に、デスクトップ上の「DiabloII」アイコンを右クリックし、プロパティを選択する。
  4. ショートカットタブのリンク先のパスに -3dfx を追加する。

    例えばこんな感じです。
    “C:\Program Files\Diablo II\Diablo II.exe” -3dfx
    -(ハイフン)の前には、半角空白が必要ですよ。

    20140608-d-3

    ちなみに、ウィンドウモードで起動している場合は、-wも同時に付けます。
    “C:\Program Files\Diablo II\Diablo II.exe” -3dfx -w

    私はフル画面でプレイしてます。
    プレイ中にメールやWebを見たくなった時は、altキー+tabキーで切り替えれますし。

設定方法 (Glide3-to-OpenGL-Wrapper側)

  1. インストールのところでコピーした「glide-init.exe」を実行する。
    とりあえず、「English/Deutsch」を押して英語表示にしておきましょう。

    あとは左側のメニューボタンを押して設定していきます。
    基本はデフォルトで良いですが、お好みで変更するのも良いですね。
    設定欄で右クリックすると、画面下に説明を出すこともできますよ。

    以下は、私が使ってる設定です。

  2. settingsメニュー

    ・window-mode: オフ。ウィンドウモードで起動する時はオンで。
    ・captured mouse: オフ
    ・keep aspect ratio: オン
    ・vertical synchronization: オン
    ・static size: no。ウィンドウモードの場合は、1024×768、1280×960、1600×1200を選択することで、ウィンドウの大きさを大きくできます。

    20140608-d-4

  3. rendererメニュー

    ・texture-memory: 32MB
    ・buffer-texture-size: 1024×1024
    ・32 bit rendering: オン
    ・texture for videos: オン
    ・bilinear filtering: オン
    ・shader-gamma: オン
    ・no gamma: オフ
    ・keep desktop composition: オフ

    20140608-d-5

  4. Wrapper-statisticsメニュー

    デフォルトのまま。

    20140608-d-6

  5. Extensionsメニュー

    デフォルトのまま。

    20140608-d-7

 
これで完了です。
 


レッツプレイ! 

Diablo2を起動すると、3dfx Glideモードになってます。
 
私の環境ではDirect 3Dモードの場合、画面表示がカクカクしてたんですが、3dfx Glideモードではとても滑らかに動いてくれます。
 
 
設定メニューの「ビデオオプション」で遠近法をオンにすると、画面スクロールした時に建物や木の表示が立体的になります。
やはり、Diablo2と言えば、この表示ですね。
素晴らしい!!
 
20140608-d-1
 
 

画面が明るすぎたり暗すぎる場合 

画面の明るさは、輝度やコントラストで調整します。
 
Diablo2を起動したとき、画面が暗すぎたり、逆に明るすぎたりする場合があります。
そんな時は、ここの「輝度」のバーを一度右端まで持って行き、自分が設定したい明るさに戻すと良いですよ。
 
私の環境でもたまに画面が暗すぎる場合があるので、ここで再設定してます。
 

まとめ

これで、H100TA(T100TA)でのDiablo2プレイが更に快適になりました。
あとはひたすらプレイするだけ!
 
今回のキャラはバーバリアンでなくソーサレスにしてみました。
最初は厳しそうですが、がんばって魔法をガシガシ打てるようになりたいです。
 
スポンサーリンク

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (2)

    • Feliz
    • 2019年 1月 31日

    親切に有り難う御座いました!

      • だーしゅ
      • 2019年 1月 31日

      Felizさん、コメントありがとうございます。
      「3dfx Glide」モードの表示は良いですね。

【Diablo】Diablo2を起動したけど画面が真っ暗な場合に終了させる2つの方法

【Diablo】H100TA(Windows8.1)でDiablo2をウィンドウモードでプレイする時のおすすめ設定はこれだ!画面いっぱいに表示できます


最近のコメント

だーしゅ
IT関係のお仕事してます。
Oculus Quest+Unityが楽しい!

[当ブログについて]