パソコンが便利で楽になるものを紹介しています。


menu

パソコンが便利で楽になるものを紹介しています [あまおとろぐ]

いつも使っているHDDがSSDの速さになる!Crucial Adrenaline(アドレナリン) SSDキャッシュ CT050M4SSC2BDA

 私が使っているパソコンは5年ほど前に自作したものなのですが、
最近、HDD(ハードディスク)のアクセスが気になってきました。
 
電源オンした時や何か処理をする時に、
ずっとHDDのアクセスランプが点いて、ガリガリ音がします。
 
 
超速いと噂のSSDに交換するのが一番良いのですが、
パーティションサイズの調整などがちょいと面倒でした。
 
 
そこで見つけたのが、このCrucial アドレナリン(SSDキャッシュ)です。
 
[メーカー3年保証付き]50GB Crucial Adrenaline Solid State Cache (Windows 7 PCs) CT050M4SSC2BDA
Crucial Adrenaline SSD Cache CT050M4SSC2BDA
 
 
スポンサーリンク

SSDキャッシュは速い

SSDキャッシュは、いつも使っているHDDはそのままで、
追加したSSDを高速なキャッシュとして使うものです。
 
135-1.jpg
 
 
初回のアクセス速度はあまり変わりませんが、
2回目以降、キャッシュにデータが入っていれば、
遅いHDDからではなく、高速なSSDからデータを読み込みます。
 
この仕組みでパソコンのアクセス速度が高速化します。
 
 
キャッシュとして使えるサイズは50GBと少し少な目ですが、
システムドライブ(Cドライブ)だけがキャッシュの対象ですので、
必要にして十分だと思います。
 
 
スポンサーリンク

SSDキャッシュを付ける前後で速度をはかってみた

hiyohiyo氏のCrystalDiskMark 3.0.1でアクセス速度を調べてみました。
 
(1) 付ける前
Sequential Read : 119.311 MB/s
Sequential Write : 93.888 MB/s
Random Read 512KB : 48.045 MB/s
Random Write 512KB : 71.396 MB/s
Random Read 4KB (QD=1) : 0.625 MB/s [ 152.5 IOPS]
Random Write 4KB (QD=1) : 1.070 MB/s [ 261.3 IOPS]
Random Read 4KB (QD=32) : 1.408 MB/s [ 343.7 IOPS]
Random Write 4KB (QD=32) : 1.138 MB/s [ 277.9 IOPS]
 
(2) 付けた後
Sequential Read : 265.137 MB/s
Sequential Write : 113.124 MB/s
Random Read 512KB : 247.010 MB/s
Random Write 512KB : 112.918 MB/s
Random Read 4KB (QD=1) : 24.305 MB/s [ 5933.8 IOPS]
Random Write 4KB (QD=1) : 50.354 MB/s [ 12293.4 IOPS]
Random Read 4KB (QD=32) : 136.309 MB/s [ 33278.7 IOPS]
Random Write 4KB (QD=32) : 106.579 MB/s [ 26020.3 IOPS]
 
シーケンシャルリードが2倍、ランダムリードが5倍ほど高速になっていますね。
 
その他、小さなファイルのアクセスも速くなっているようです。
 
 
ベンチマーク的にも十分速いことがわかるのですが、実際に使って見た感じとしては、
パソコンの電源オンオフや休止モードへかかる時間が1/2~1/3になりました。
 
体感でわかるレベルです。
 
 
あとうれしいのは、HDDにアクセスする音がほとんど聞こえなくなりました。
 
SSDキャッシュが効いている、ということですね。
 
 

少しだけ注意があります

ほんとうに買って良かったと思っているのですが、ちょっとだけ注意点があります。
 
  • パソコンを自作している人におすすめします。
    パソコンケースを開けて、SATAケーブルで接続する必要がありますので。
     
  • 市販のパソコンの場合は自己責任でお願いします!
     
  • SSDキャッシュ機能は付属している「Dataplex」というソフトウェアで実現していますが、対応しているOSがWindows 7のみです。
 
 

まとめ

これらの条件をクリアできる場合、試してみる価値があるのではないでしょうか。
 
SSD、速いですよ。
 
 
おすすめします!
 
スポンサーリンク

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

だーしゅ
IT関係のお仕事してます。
パソコンが楽になる
何かが見つかるとうれしい。
[当ブログについて]

最近のコメント

  • User Avatarだーしゅ { KENさん、コメントありがとうございます。 私も10個すべてのブログで、サブディレクトリ方式を使ってます。 まず、レポート画面で「集客 - すべてのトラフィック - 参照元/メディア」を確認しました。 ・google / organic ・yahoo / organic ・bing / organic ・(direct) / (none) などはありましたが、自ドメインは見当たりませんでした。 次に、「(direct) / (none)」の中にあるかと、 「セカンダリ ディメンション:完全なリファラー」... } – 11月 04, 2:18 PM
  • User AvatarKEN { こちらの記事を参考にさせていただきました。 1点、質問がございます。 sample.com/blog-a/ sample.com/blog-b/ 上記2つの別ブログがあるとして、記事のとおりに設定した場合、 ブログAに、ブログBからのリンク流入があった場合、 ブログAの「集客」レポートにおいて、ブログBが参照元として記録されますでしょうか? ブログAとブログBは「sample.com」という同じドメインになるので、記録されないような気がします(ノーリファラーになる!?)が、GA上で「ウェブサイトのURL」を「sample.com」ではなく「sample.com/blog-a」にしておけば記録されますかね? 例として挙げさせていただいた「ブログA」と「ブログB」は内容的に別サイトでして、 GAの「集客」レポート上で、他の外部サイトからの流入と同じように「リンク流入」として分析をしたいのです。 blog-a.sample.com blog-b.sample.com とか、 blog-a.com blog-b.com とすればドメイン的にも別サイトになるので、やりたいことができるのは分かっているのですが、事情がありサブディレクトリで2サイトを運営しています。。 } – 11月 04, 3:25 AM
  • User Avatarだーしゅ { 匿名さん、コメントありがとうございます。 止める事ができて良かったですよ。 } – 1月 25, 6:38 AM
  • User Avatar { デスクトップの右上でマウスカーソルを止める事ができました! ありがとうございます。 } – 1月 25, 2:47 AM
  • User Avatarだーしゅ { おでんでんさん、コメントありがとうございます。 私もこの方法で、ファイルサーバや自分のパソコンのバックアップを定期的に実行してますよ。 黒画面が表示されないのは良いですね。 いきなり表示するとびっくりしますので。。。 } – 12月 07, 9:17 PM
  • User Avatarおでんでん { Windows7にて、バッチファイルの黒画面を表示させないように する必要があり、本記事を参考にさせてもらいました。 ありがとうございました。 } – 12月 07, 8:24 PM