パソコンが便利で楽になるものを紹介しています。


menu

パソコンが便利で楽になるものを紹介しています

ファイルパスの文字だけで「ファイルの保存場所」をフォルダで開く方法!bluewindを使います

 
例えば、こんな感じの「ファイルのパス(ファイルが保存されている場所)」があるとします。
c:\ドキュメント置き場\資料その2.xlsx
 
「ここのファイルを見て!」というメールが来た時に良くありますね。
 
 
そのファイルを直接開くのではなく、そのファイルが「保存されているフォルダ」を開きたいということはありませんか?
 
この記事で書いたように、Excelファイルを読み取り専用で開きたいとか、そのフォルダにある他のファイルも見たいとか。
 
エクスプローラを使ってフォルダを開くんですが、操作が面倒なんですよね。。。
 
この記事では、少し楽になる方法を紹介します。
 

スポンサーリンク

普通の手順は5つ

普通の手順であれば、こんな感じになります。
 
  1. ファイルのパス「c:\ドキュメント置き場\資料その2.xlsx」の文字をコピーする。「CTRL+Cキー」とかですね。
  2. エクスプローラを開く。
  3. アドレス欄に「CTRL+Vキー」でファイルパスを貼り付ける。
  4. Backspaceキーを使って余分な文字「\資料その2.xlsx」を消し、フォルダのパス「c:\ドキュメント置き場」にする。
  5. Enterキーを押す。
めんどくさい!
特に手順4で文字を消すのがめんどうですね。
 
もっと楽にできる方法を考えました。
ランチャーツールの「bluewind」を使いますよ。
 
スポンサーリンク

事前準備その1「キーワードの追加」

「bluewind」がない場合、この記事を参考にインストールしておきます。
 
まずは、キーワードを追加します。
 
  1. bluewindでキーワードマネージャを開き、「新規作成」ボタンを押す
    キーワードマネージャは、bluewindを呼び出した後の「入力画面」でEnterキーを押すと表示できますよ。

     
  2. 「通常コマンド」を選択し、「OK」ボタンをクリックする

     
  3. 「通常コマンド設定」の「基本」タブで以下を入力する
    ・キーワード:fh  ※何でも良いです。今回は「fh」にしました。
    ・コメント:フォルダを開く  ※適当で。
    ・リンク先:C:\WINDOWS\explorer.exe
     

  4. 「詳細」タブで以下を設定する
    ・パラメータ:/select,%1
    ・作業フォルダ:C:\WINDOWS\  ※デフォルトのままでOK
    ・表示状態:通常表示  ※デフォルトのままでOK
     

     
    「高度な設定の表示」ボタンをクリックすると、[高度な設定]タブが開きますが、ここはすべてデフォルトのままで良いです。
最後に「OK」ボタンをクリックして完了です!
 
キーワードマネージャ画面で、もう一度「OK」ボタンをクリックするのを忘れずに。
 

事前準備その2「ショートカットの設定」

次に、「bluewindの設定」でショートカットを設定します。
 
  1. bluewindを呼び出して、右クリックメニューの「設定」をクリックする

     
  2. bluewindの設定で「入力 – キー割り当て」をクリックし、「追加」ボタンをクリックする

     
  3. 「ショートカットの設定」画面で、以下を入力する
    ・キーワード:fh  ※「基本」タブで設定したキーワードと同じ文字を入れます
    ・ショートカットキー:Ctrl+B ※何でも良いですが、今回は「B」にしました。文字の貼り付けコマンド(CTRL+V)の隣なのでおすすめです。入力方法は後述。
     

     
  4. 「…」ボタンをクリックし、「ホットキーの設定」画面を表示する
    「修飾キー」で「Ctrl」を選択し、「キー」では「B」を入力しておきましょう。

     
  5. 「範囲」ボタンをクリックする
    念のため、「アクティブ時いつでも有効」が選択されていることを確認しておきましょう。

    もう一つの設定「常駐時いつでも有効」の場合、bluewindの入力画面が呼び出されていない時でも、今回設定したショートカットが有効になってしまいます。設定するボタンによっては困る場合があるので、「アクティブ」の方をおすすめします。
     
  6. 設定内容を確認して、「OK」ボタンをクリックする
これで、「キーワード」と「ショートカット」が設定できました。
 
完了です!
 

4つの手順でできた!

早速試してみましょう。
 
  1. ファイルパス「c:\ドキュメント置き場\資料その2.xlsx」の文字をコピーする
    ここまでは同じですね。
     
  2. bluewindを呼び出すキーを押す
    私は「変換」キーに割り当ててます。

     
  3. キーワード入力欄で「CTRL+Vキー」を押し、ファイルパスを貼り付ける

     
  4. 「CTRL+Bキー」を押す
    「c:\ドキュメント置き場」フォルダが開きました!
開こうとしていたファイルが、エクスプローラ上で選択状態になってるのも分かりやすいですね。
 

まとめ

ファイルのパスから「ファイルを保存しているフォルダ」を開く時、手順が多くてめんどうでした。
 
bluewindを使うと、フォルダを簡単に開くことができるようになりました!
 
余分な文字を消す作業も必要無くなったので、かなり楽になったと思います。
 
一度、お試しくださいね。
 

スポンサーリンク

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

だーしゅ
IT関係のお仕事してます。
パソコンが楽になる
何かが見つかるとうれしい。
[当ブログについて]

最近のコメント

  • User Avatarだーしゅ { KENさん、コメントありがとうございます。 私も10個すべてのブログで、サブディレクトリ方式を使ってます。 まず、レポート画面で「集客 - すべてのトラフィック - 参照元/メディア」を確認しました。 ・google / organic ・yahoo / organic ・bing / organic ・(direct) / (none) などはありましたが、自ドメインは見当たりませんでした。 次に、「(direct) / (none)」の中にあるかと、 「セカンダリ ディメンション:完全なリファラー」... } – 11月 04, 2:18 PM
  • User AvatarKEN { こちらの記事を参考にさせていただきました。 1点、質問がございます。 sample.com/blog-a/ sample.com/blog-b/ 上記2つの別ブログがあるとして、記事のとおりに設定した場合、 ブログAに、ブログBからのリンク流入があった場合、 ブログAの「集客」レポートにおいて、ブログBが参照元として記録されますでしょうか? ブログAとブログBは「sample.com」という同じドメインになるので、記録されないような気がします(ノーリファラーになる!?)が、GA上で「ウェブサイトのURL」を「sample.com」ではなく「sample.com/blog-a」にしておけば記録されますかね? 例として挙げさせていただいた「ブログA」と「ブログB」は内容的に別サイトでして、 GAの「集客」レポート上で、他の外部サイトからの流入と同じように「リンク流入」として分析をしたいのです。 blog-a.sample.com blog-b.sample.com とか、 blog-a.com blog-b.com とすればドメイン的にも別サイトになるので、やりたいことができるのは分かっているのですが、事情がありサブディレクトリで2サイトを運営しています。。 } – 11月 04, 3:25 AM
  • User Avatarだーしゅ { 匿名さん、コメントありがとうございます。 止める事ができて良かったですよ。 } – 1月 25, 6:38 AM
  • User Avatar { デスクトップの右上でマウスカーソルを止める事ができました! ありがとうございます。 } – 1月 25, 2:47 AM
  • User Avatarだーしゅ { おでんでんさん、コメントありがとうございます。 私もこの方法で、ファイルサーバや自分のパソコンのバックアップを定期的に実行してますよ。 黒画面が表示されないのは良いですね。 いきなり表示するとびっくりしますので。。。 } – 12月 07, 9:17 PM
  • User Avatarおでんでん { Windows7にて、バッチファイルの黒画面を表示させないように する必要があり、本記事を参考にさせてもらいました。 ありがとうございました。 } – 12月 07, 8:24 PM