プレイ中のゲームや気になるゲームとか

懐かしのゲーム #9 「LRボタンで重心移動しながらカーブをせめる!スーファミのF-ZERO」

nage
スーファミのF-ZEROです。
 
スーファミからの新機能だった回転と拡大・縮小機能をうまくつかって、コースを表現しています。
当時、ファミコンには出せない表現力に驚きました。
  
ピンクの車が加速、速度のバランスがちょうど良かったです。
最高速なら青い車なんですが、加速が弱かった記憶があります。
 
どのコースも近未来的な雰囲気があったので、とても好きでした。
私にとってはレースゲームも箱庭ゲームなのかも知れません。

 ジャンプでタイムを削る!

コース途中にはジャンプ台があって、うまく使うとショートカットで大幅にタイム短縮できます。
けど、ジャンプに失敗するとコースアウトで爆発してしまいます。
 
けど、ショートカットジャンプが成功した時はとても気持ち良い!
 

 ダメージあり

他の車やコースの壁にぶつかるとダメージを受けます。
 
コース途中には「ダメージ回復ゾーン」があるので、そこをしばらく走ってると回復できます。
回復しようとして、壁につっこみ過ぎ、跳ね返されて回復できなかった、なんてことも良くありました。
 


 タイムアタックに燃えました

タイムアタックでは0.1秒を削るために、少しでもスタートに失敗したらやり直し。
最終ラップでカーブのフチに接触してしまった時はガッカリです。
 
この0コンマ秒を短縮するのに、ものすごく苦労しました。
当時なぜか、「F1選手はすごいなー」と感じてましたよ。
 

任天堂のBGMは良い 

BGMもステキです。
 
レースゲームのBGMは集中できる曲が多くて、いまでもたまに聞いてますよ。
 
またプレイしたい!
 
スポンサーリンク

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

懐かしのゲーム #8 「石の中にいる!ファミコンのウィザードリィ」

懐かしのゲーム #10 「名前がオシャレ!ファミコンの迷宮組曲」


最近のコメント

だーしゅ
IT関係のお仕事してます。
Oculus Quest+Unityが楽しい!

[当ブログについて]