インフルエンザで頭がかなり痛い!熱より「頭痛」の方が辛かったです

数年ぶりにインフルエンザにかかってしまいました。
 
種類はA型。
 
幸い、高熱は1日で下がったのですが、その日から始まった頭痛がひどい。
とにかく痛くて3日間続きました。
 
いつもは高熱の方が辛いんですが、こんなパターンは初めてです。

スポンサーリンク

発症は突然に

インフルが発症する数日前、何か体調がおかしい。
 
関節痛などはないのですが、全身がだるいような、
力が入らないような、そんな感じです。
 
けど、これはインフルに関係になく、体調不良の時によくある症状。
 
熱もありませんので、普通通りの生活をしていたのでした。
 
 
そして発症当日。
 
午前中はおかしなこともなく、普通に仕事をしていました。
 
昼休みが終わり仕事を再開すると、いきなり鼻水が出始めました。
花粉症の時期に出る、アレです。
 
「まだ時期になって無いのに、この鼻は何?」としばらく仕事をしていると、
急激に頭が熱くなり、考えることが難しくなってきました。
 
 
もうダメです。
 
キリが良いところまで仕事を終わらせ、早退させてもらったのでした。
 
帰ってしばらく寝ても症状は変わらず。
 
食欲も無いので、朝まで寝るしかありません。
 
スポンサーリンク

検査の結果は陽性!

翌日。
朝一で病院に向かいます。
 
当日の朝は38度あったので、その旨を伝えると、インフル検査をするとのこと。
 
鼻の奥をグリグリされて涙を流しつつ、10分待ちました。
苦手なんですよね。。。
 
検査の結果、インフルエンザA型の陽性でした。
 
マジですか。
 

予防対策はしてたのに

10何年か前、インフルにかかって非常につらかった経験があり、
その翌年からは必ず予防接種を受けてきました。
 
その他にも、
  • 手洗いやうがい
  • 出勤途中のマスク
  • 入室時のアルコール消毒
  • 乳酸菌を多めにとる
  • 水分を多めにとる
など、この寒い時期は特に気をつけて来ました。
 
なのに、かかってしまうなんて。
 
これ以上、何を気をつけろと言うんでしょうか。。。
 

新しい薬?

仕方ないとはいえ、やってしまった感でいっぱいの時、
看護師の方が薬?っぽいものを持ってきました。
 
確か、前回インフルにかかった時は、点滴を打った記憶があります。
「ラピアクタ」という製品らしい。
 
 
今回も同じかな?と思っていると、
見せてくれたのは小さなプラスチックの容器。
 
「これをストローのように咥えて、吸ってしばらく息を止めてください」とのこと。
何か新しい薬のようです。
 
後から調べてみると、第一三共の「イナビル」という薬でした。
 
イナビル吸入方法|インフルエンザの情報ならインフル・ニュース
 
 
一番の特徴は、タミフルやリレンザと違い、一度使えば完了ということ。
10歳以上の場合、2容器を一回分として吸入するようです。
 
それぞれの容器を数回に分けて吸入するだけ
 
すぐに終わってしまいました。
 
これは楽でありがたいですね。
ラピアクタも一回ですが、しんどい時の点滴はかなり長く感じますので。
 
後は高熱が出た時のため、とんぷくをもらって帰ります。
 

とにかく頭痛が辛い!

あとは「熱が下がれば大丈夫」と思ってましたが、これからが大変でした。
 
熱は、イナビルを吸入した翌日にはもう下がっていました。
 
予防接種の効果なのか、今回の薬の効果なのかは分かりませんが、
こんなに早いのは初めてです。
 
けど、そこから始まったのが頭痛。
 
とにかく頭痛がひどいんです!
 
長時間寝ていると頭が痛くなることもありますが、
痛い場所というか、痛みの種類というか、とにかく何かが違います。
 

後頭部が痛い!!

私の場合、後頭部が特に痛かった。
 
床ずれになったことはありませんが、
後頭部が床ずれになった感じです。
 
 
しかも、この頭痛。
一時的なものではなく、常に痛い!!
 
寝ようとしても痛いので、
悪夢をたくさん見た気がします。
 
せっかく熱が下がったのに、頭痛で悩まされるとは思いませんでした。
 

インフル特有の頭痛だった

何かおかしいと思って調べてみると、
インフルエンザにかかった時の「特有の頭痛」があるらしい。
 
ウイルスが体内に入ると、
プロスタグランジン」という成分が発生し、
その成分の影響で、いつも以上に頭痛を感じやすくなる。
 
そんな仕組みのようです。
 
 
これまでに何回もインフルにかかってきましたので、
身体がしんどい、吐き気がする、悪寒がする、頭痛がする
ことは知っています。
 
ですが、症状が起きるのは「高熱の時だけ」と思っていました。
 
今回のように、熱が下がっても頭痛が続くことはなかったはず。
 
 
熱がすぐに下がって、しんどさ・吐き気・悪寒が楽になった分、
頭痛を感じやすくなった、という事かも知れません。
 
どっちも辛いんですけどね。
 

頭を冷やすしかなかった

何か薬を飲みたいところですが、
先生がくれたのは「熱を下げるとんぷく」だけ。
 
既に熱は下がっていますので、飲むわけにはいきません
 
市販の頭痛薬を飲みことも考えましたが、
「先生に言われた薬以外はマズイのでは?」と調べてみると、
やはり飲まなくて正解でした。
 
薬の組み合わせによっては、インフル薬の効果が下がったり、
副作用が起きる場合もあるらしい。
 
それはマズイ。
 
仕方ありませんので、
頭を冷やすだけでなんとかしのぐことにしました。
 
やわらか氷枕が後頭部にやさしい。。。
 
と言っても冷やしすぎは良くありません。
しんどいですし。
 
 
ほどほどに冷やしていると、頭痛はだいぶん楽になってきました。
 
結局3日間は頭痛に悩まされ、4日目でやっと無くなったのでした。
 
こんな頭痛は初めてですよ。
もうイヤ!!
 

まとめ

インフルエンザA型にかかりました。
 
「イナビル」のおかげで熱はすぐに下がりましたが、
3日間、頭痛が続きました。
 
調べてみると、インフル特有の頭痛だったようです。
 
高熱による辛さは少なかったんですが、
今回は、頭痛が非常に辛かったです。
 
 
どちらが良いかと言われると、
どちらもいやですね。。。
 
やはり健康が一番だと実感しました。
 
インフルにかからないよう、これまで以上に気を付けていきたいですね。
 
スポンサーリンク


カテゴリー: 全般 タグ: ,

■前後の記事です

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。