BlenderとUnityで作ったものをVR(Oculus  Quest/Oculus Link)で動かします

ブログの女の子を作る #91 目のボーンを修正して目線を動かす【Blender】

 
前回は、シェイプキーで流れる涙と汗を作りました。
 
今回は目のボーンを調整して、上下左右に目を動かします。
やっとこれで、好きな方向を見させることができますよ。



(1) 目のボーンの位置を変更する

いまの目に設定しているボーンは、かなり最初の方に設定した記憶があります。
そういえば、Unity側でも目線を動かしたことは無かったですね。
 
まずは現状を確認しておきましょう。
 

現状を確認する

目のボーンを確認してみると、なぜか縦方向になっていました。。。
 
確かに縦方向でも、左右を見る場合は問題ないのですが、
 
上下方向を見るときは、目が顔からはみ出してしまいます。
これを修正する必要があります。
 

ボーンを横向きに変える

ボーンを編集モードで選択し、横方向になるよう修正します。
 
この状態でボーンを上下に動かすと、目のはみ出しがかなり減りました。
こんな感じで調整するのが良さそうです。
 

(2) 目のボーンを更に調整する

修正の方向性はあってるようですので、更にボーンを修正していきます。
 

眼球の中心に合わせる

目のボーンの根本を「眼球の中心」に移動します。
これで目のボーンを動かした時に、眼球の中心から動いてくれるようになります。
 
中心はこの辺りですね。
 
横からの調整はこれでOKです。
 

上からも見て修正する

上からも確認しておきましょう。
 
かなり中心からずれてますね。
 
眼球の中心になるように、ボーンを移動します。
 


(3) 目が自由に動くようになった!

これで修正が完了しました!
実際に目を動かして確認してみます。
 

目を上下左右に動かす

通常の状態です。まっすぐを向いてます。
 
目線を右側にしてみました。こちらを見ているように見えますね。
 
左側です。視線をそらしているようにも見えますよ。
 
下を向きました。少し悲しそう。
 
上を向いてます。いわゆる「上目遣い」ですね。
 
ボーンの角度を調整すれば、右下を向くようにもできます。
これでどの方向でも見させることができますよ。
 

ポーズと組み合わせてみる

服装を変えて、ポーズと組み合わせてみました。
 
・服装:メイド服
・ポーズ:立って顔に手を当てる、少し首を傾ける、照れ
・シェイプキー:「い」、ジト目2、眉上げ、困った口(下唇)、困った口(口角下げ)、涙あり
 
 
・ポーズ:立って手を下げる、上を見上げる
良い感じです。
 

まとめ 

目のボーンを調整して、いろんな方向に目線を動かせるように修正しました。
 
目線を動かすことができると、表情が更に豊かになりました。
表情を作るのは楽しいですね。
 
スポンサーリンク

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ブログの女の子を作る #90 シェイプキーで流れる涙と汗を作る【Blender】

ブログの女の子を作る #92 下半身のメッシュを修正する(股関節と膝のリトポロジー)【Blender】

最近のコメント

だーしゅ
IT関係のお仕事してます。
3Dモデルの女の子は「アリス・ブロコ」。VRは楽しいですね。

[当ブログについて]