パソコンが便利で楽になるものを紹介しています。


menu

パソコンが便利で楽になるものを紹介しています

超おすすめバッテリー「PowerCore」がちょっぴり小さくなった!Anker PowerCore II 10000(10000mAh 大容量 モバイルバッテリー)

 
この記事で、カバンに入れて持ち運ぶモバイルバッテリーを紹介しました。
10000mAhの大容量でコンパクト。
 
毎日便利に使っていました。
 
 
そして先日。
 
いつものようにバッテリーを使おうとカバンを見ると、バッテリーが見つかりません。
カバンだけでなく机や部屋も探しましたが、どこにも無い!
 
仕方なく新しいバッテリーを買う事に。。。
 
 
同じバッテリーを買おうとamazonを見てみると、「この商品には新しいモデルがあります」とのこと。
Anker PowerCore II 10000」という名前らしい。
 
せっかくなので新しいのを買ってみました。

スポンサーリンク

安心の10000mAh

パッケージです。
これまでのモバイルバッテリーの箱と違って、中身が見えるようになってました。
分かりやすくて良いですね。
 
商品名に「PowerCore II 10000」とあるように、バッテリー容量は10000mAh
これだけあれば、なにかと安心です。
 
スポンサーリンク

PowerIQが「2.0」になってた!

説明書きを読んでみると、気になるキーワード「PowerIQ 2.0」がありました。
 

圧倒的な充電スピード
PowerIQ 2.0はAnker独自の最大18Wまでの入出力に対応した次世代充電技術であり、他に類を見ない充電スピードを提供します。

コンパクト・大容量
iPhone 8に約3回、Galaxy S8に2回以上、その他あらゆるスマートフォンを複数回充電する事が可能です。

バッテリー本体への充電も高速
Quick Charge対応充電器を使えば、わずか4時間ほどで本体充電が完了します。

無くしてしまったバッテリー「Anker PowerCore Speed 10000 QC」にも「PowerIQ」がありましたが、バージョン表記はなく無印。
 
このバッテリーでは、2.0に進化してました!
 
Anker社のテスト結果によると、Galaxy S8の場合、
・PowerIQ 1.0(12W)で2時間
・PowerIQ 2.0(18W)で1.5時間
に充電速度がアップしたとのこと。
 
Anker製のモバイルバッテリーは、充電スピードが既に早いんですが、更に早くなるとは。
 
 
付属品はこんな感じ。
また、ポーチとUSBケーブルが増えましたよ。
何個あるんだろう。。。
 
ちなみにですが、「PowerCore Speed 10000 QC」にあった「Quick Charge 3.0」出力は無くなりました。
 
「対応機種なら、より早く充電できる」機能でしたが、そもそもiPhoneは未対応だったので、私の環境では問題なしです。
 

滑りにくく、LEDが8個

外観です。
バッテリー表面を触ってみると、質感が以前と違います。
 
拡大すると分かりやすいんですが、斜めにうっすらと浅い切れ込みが入っています。
「ストライプメッシュ」という加工で、滑りにくく、握りやすいとのこと。
 
LED表示も変わってました。
 
ボタンを押すと、バッテリー残量を8段階で知らせてくれます。
いまは「3/8」残ってるようですよ。
 
出力用と充電用のUSBコネクタはいつもの通り。
側面のボタンが無くなったことでスッキリした印象です。
 

ちょっぴり小さくなった!

前の機種と比較してみました。
 
[PowerCore Speed 10000 QC] ※前のバッテリー
・容量:10000mAh
・QC3.0出力:5-8V / 3A、8-10V / 2.4A、10-12V / 2A
・入力:5V / 2A
・サイズ:100 × 63 × 22 mm
・重さ:198g
 
[PowerCore II 10000] ※今回のバッテリー
・容量:10050mAh
・PowerIQ 2.0 出力:5V / 3A、9V / 2A、12V / 1.5A(18W)
・PowerIQ 2.0 入力:5V / 2A、9V / 2A(18W)
・サイズ:96 × 62 × 22 mm
・重さ:195g
 
スペック表をよく見ると、50mAh増えて、10050mAhになってました。
微妙にうれしい。
 
そして、幅が4mm、奥行きが1mm短くなり、3g軽くなりました。
ややスリムに。
 
[2018/12/28追記]
無くしたと思ってた前のバッテリーが見つかりました!
一番最初に探したカバンの中にあったというオチ。
探したはずなんですけどね。。。
 
で、せっかく見つかったので、新旧バッテリーを並べて比較してみました。
奥が「PowerCore Speed 10000 QC」、手前が「PowerCore II 10000」です。
 
たった4mmと思ってましたが、比べて見ると小さいですね。
 

まとめ

モバイルバッテリーを無くしたので、新しいバッテリーを買いました!
 
結局は見つかったんですが、ちょっと小さくなって充電速度もアップしたので良しとします。
 
前のバッテリーどうしよう。。。
Anker PowerCore II 10000 (10000mAh 大容量 モバイルバッテリー)【PowerIQ 2.0 / LED Wheel搭載】iPhone&Android対応 (ブラック)
 
 

スポンサーリンク

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

だーしゅ
IT関係のお仕事してます。
パソコンが楽になる
何かが見つかるとうれしい。
[当ブログについて]

最近のコメント

  • User Avatarだーしゅ { KENさん、コメントありがとうございます。 私も10個すべてのブログで、サブディレクトリ方式を使ってます。 まず、レポート画面で「集客 - すべてのトラフィック - 参照元/メディア」を確認しました。 ・google / organic ・yahoo / organic ・bing / organic ・(direct) / (none) などはありましたが、自ドメインは見当たりませんでした。 次に、「(direct) / (none)」の中にあるかと、 「セカンダリ ディメンション:完全なリファラー」... } – 11月 04, 2:18 PM
  • User AvatarKEN { こちらの記事を参考にさせていただきました。 1点、質問がございます。 sample.com/blog-a/ sample.com/blog-b/ 上記2つの別ブログがあるとして、記事のとおりに設定した場合、 ブログAに、ブログBからのリンク流入があった場合、 ブログAの「集客」レポートにおいて、ブログBが参照元として記録されますでしょうか? ブログAとブログBは「sample.com」という同じドメインになるので、記録されないような気がします(ノーリファラーになる!?)が、GA上で「ウェブサイトのURL」を「sample.com」ではなく「sample.com/blog-a」にしておけば記録されますかね? 例として挙げさせていただいた「ブログA」と「ブログB」は内容的に別サイトでして、 GAの「集客」レポート上で、他の外部サイトからの流入と同じように「リンク流入」として分析をしたいのです。 blog-a.sample.com blog-b.sample.com とか、 blog-a.com blog-b.com とすればドメイン的にも別サイトになるので、やりたいことができるのは分かっているのですが、事情がありサブディレクトリで2サイトを運営しています。。 } – 11月 04, 3:25 AM
  • User Avatarだーしゅ { 匿名さん、コメントありがとうございます。 止める事ができて良かったですよ。 } – 1月 25, 6:38 AM
  • User Avatar { デスクトップの右上でマウスカーソルを止める事ができました! ありがとうございます。 } – 1月 25, 2:47 AM
  • User Avatarだーしゅ { おでんでんさん、コメントありがとうございます。 私もこの方法で、ファイルサーバや自分のパソコンのバックアップを定期的に実行してますよ。 黒画面が表示されないのは良いですね。 いきなり表示するとびっくりしますので。。。 } – 12月 07, 9:17 PM
  • User Avatarおでんでん { Windows7にて、バッチファイルの黒画面を表示させないように する必要があり、本記事を参考にさせてもらいました。 ありがとうございました。 } – 12月 07, 8:24 PM