Excel(エクセル)の操作が楽になる方法と便利な使い方を紹介しています。


menu

Excel(エクセル)が楽で便利になる方法

Excelのおすすめショートカットキー「コピペ、文字装飾、検索と置換」8個

[ この記事の内容は Excel2013 でも使えます ]
 
よく使う基本的なショートカットとして、クリップボード操作、文字装飾、検索と置換があります。
 
まずは、これらの基本的なショートカットキーから使い始めるのも良いですね。
 

スポンサーリンク

もくじ

この記事では、以下のショートカットキーについてまとめています。
  • CTRL+Cキー(コピーする)
  • CTRL+Xキー(切り取る)
  • CTRL+Vキー(張り付ける)
  • CTRL+Bキー(太字にする)
  • CTRL+Iキー(斜体にする)
  • CTRL+Uキー(下線を付ける)
  • CTRL+Fキー(検索する)
  • CTRL+Hキー(置換する)

スポンサーリンク

クリップボードの操作

(1) CTRL+Cキー
 
現在カーソルがあるセルの「書式と文字(値)」をコピーする。いわゆる「コピペ」の「コピ」の部分ですね。
 
セルの枠線が点滅状態になっている間はコピー状態が有効ですが、ESCキーを押したり、セルへ文字を入力したりすると、コピー状態が解除されるので注意が必要です。
 
なお、セルが編集モード(F2キー押す)、かつ、文字を選択した状態で行うと「文字だけ」をコピーします。
この場合、書式などはコピーされません。
 
 
(2) CTRL+Xキー
 
現在選択しているセルを切り取る
切り取った後に「貼り付け」を行った場合、切り取った部分が無くなります。
 
 
(3) CTRL+Vキー
クリップボードの内容(コピーした内容)を現在のカーソル位置に貼り付ける
いわゆる「コピペ」の「ペ」の部分ですね。
 
例) A2セルをコピーして、B2セルに貼り付ける。書式もコピーされています。
 
例) A2セルの赤色の「は」の文字をコピーして、B2セルに貼り付ける。
  文字だけがコピーされているので、文字は黒色のままです。
 
 
 

文字の装飾

(4) CTRL+Bキー
 
文字を 太字 にする。
再度、押すと解除する。
 
 
(5) CTRL+Iキー
 
文字を 斜体 にする。
再度、押すと解除する。
 
斜めの文字(イタリック体)ですね。
 
 
(6) CTRL+Uキー
文字に 下線 を付ける。
再度、押すと解除する。
 
アンダーバー、アンダースコアなどとも呼ばれます。
 

検索と置換

(7) CTRL+Fキー
 
検索する為のダイアログを表示する。
 
「セルが選択された状態」で検索や置換を行うと、選択されたセルの範囲だけが対象範囲となります。
これを使うと、ある特定のセル範囲だけを一括して検索・置換することができます。
 
 
(8) CTRL+Hキー
 
置換する為のダイアログを表示する。
ダイアログは検索時と同じですが、「置換」タブが最初から選択されています。
 
検索と置換ですが、ダイアログ内の「オプション」ボタンをクリックすると詳細な処理ができます。
 
これを使うと「書式(色など)で検索する」「ブック内容の全てを検索対象にする」など、検索条件を細かく指定できます。
かなり細かな検索ができます。便利。
 
 

まとめ

クリップボードの操作を行うショートカットキーは、Excelだけでなく、Windowsでは共通的なショートカットキーとして有名です。
 
既に使っている方もおられたのではないでしょうか。  

スポンサーリンク

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

だーしゅ
IT関係のお仕事してます。
Excel大好き。

[当ブログについて]

最近のコメント

  • だーしゅ { KKKさん、コメントありがとうございます。 一度貼り付けてから、「▼マーク(貼り付けのオプション)」で再度貼り付けるんですね。 「図のリンク貼り付け」がうまくいかない場合、試させて頂きます! } – 10月 18, 4:50 AM
  • KKK { 図のリンク貼り付けがうまくいかず(データを貼り付けできませんエラー)何度もやると時々成功するというおかしなトラブルに困っておりました。ところが偶然下記のやり方で解決いたしましたので参考までに書かせていただきます。 コピー→値(V)貼り付け→すると張り付けたセルの横に(貼り付けオプション(Ctrl)のマークが出ますので、個々の右下の▼マークをクリックして今度は図のリンク貼り付けマークをクリックするとできることを発見しました。困っている方はお試しください。 } – 10月 18, 1:02 AM
  • kongaragatta { だーしゅさん、ご返事ありがとうございます。 まずは、だーしゅさん案で自分なりにできるかどうかトライしてみます。 } – 7月 03, 6:35 AM
  • だーしゅ { 言葉が良く無かったですね。 「O列がFOR文の最初の位置になる」のような意味でした。 実現するにはいろんな方法があると思います。ご参考まで。 } – 6月 29, 5:37 PM
  • kongaragatta { だーしゅさん、案をありがとうございます。 なるほど!月数を取得するやり方は考えていませんでした。やはり自分だとスキルに限界があるのでどうも柔軟に考えにくいですね。 ひとつ質問ですが、「O列を起点とし、年月を固定的に設定」の”固定的に設定”とはどのように設定するということでしょうか? } – 6月 29, 8:04 AM
  • だーしゅ { kongaragattaさん、コメントありがとうございます。 いろんな方法があると思いますが、思いついた案を書いておきますね。 ・DATEDIF関数で開始年月日と終了年月日の月数を取得 ・O列を起点とし、年月を固定的に設定 ・FOR文で「月数」の数分、セルを右方向に移動 →開始日と同じ年月の場合、●を表示 →IF文で一つ目と判断した場合、〇を表示 →3ヵ月単位はMOD関数で判定 いろいろお試しくださいね。 } – 6月 28, 4:59 PM