iPhoneのアップデートが失敗して認識しなくなったけどリカバリモードからなんとか復活できた!

134-1
 
先日、iPhoneをiOS 7.0.6にアップデートしようとiTunesに接続しました。
 
いつもの通りアップデートが進みましたが、最後の最後でエラー発生。
もう一度試そうとiTunesに接続しなおすと、今度はiPhoneを認識してくれない。
画面には変な画像が出るだけで、電話もメールもネットもできない状態になってしまいました。
 
今の時間は深夜1時。どうしよう。
 
 
結論から書いてしまうと、
  • 認識しないのを直すため、iTunesを再インストール
  • OSのアンチウイルス(Avast!)を一時停止してからリカバリーモードで復元
  • バックアップからアプリを戻す
で元に戻りました!

 
スポンサーリンク

正直あせりましたよ

これまで何回もアップデートしてきたんですが、今回のように失敗したのは初めて。
とりあえず今回はこの方法で直ってます。
 
起きたこと試したことを含めて、作業の流れを記事にまとめておきます。
もうこんなことが起きませんように。。。
 
スポンサーリンク

アップデート実行→エラー発生→そしてリカバリーモードへ

iTunesからアップデートを実行しましたが、最後の方でエラー表示が。
 
画面がフリーズしたようになってるので仕方なく再起動することにします。
エラー終了したとはいえ、アップデートがらみで「スリープボタン+ホームボタン長押し」は押したくないものです。
 
再起動後、iPhoneを見ると見慣れない画像が表示されてます。
記事の最初にもあった画像ですね。
 
134-1
 
iTunesにライトニングコネクタで挿せ!ということらしい。
もうちょっとユーザーフレンドリーな言葉が表示されてても良かったのではと思います。
「iPhoneの調子が悪いのです。とりあえずiTunesにつないでね」とか。
 
調べてみると、iPhoneがおかしくなってしまったので「リカバリーモード」になったらしい。
そんなモードがあったのですね。
 
 iOS デバイスをアップデートまたは復元できない場合
 
こんなの初めてみましたよ。
 

リカバリーしようにも認識しない

バックアップしているデータから復元するしかないようですので、
まずはコネクタでiPhoneとパソコンをつなぎます。
 
いつもはコネクタを挿すと自動的にiTunesが起動しますが、いくら挿しても挿し直しても反応なし。
先にiTunesを起動してからコネクタを挿しても同じ。
 
iOS:デバイスが iTunes for Windows で認識されない
辺りを調べてみると、どうやらデバイスレベルで認識していないようです。
 
OSはWindows8なんですが、デバイスマネージャーを見ると、「ユニバーサル シリアル バス コントローラー」にあるはずの「Apple Mobile Device USB Driver」にビックリマークが付いてます。
 
OSとしては、デバイスドライバがインストールされていない状態らしい。
 
「ドライバー ソフトウェアの更新」をしてもダメ、
ドライバーを削除してから「ハードウェア変更のスキャン」もダメ。
ダメ元で「C:\Program Files\Common Files\Apple\Mobile Device Support\Drivers」にあったinfファイルを右クリックしてインストールしてもダメ。
 
ドライバファイルはちゃんとあるんですけどね。
 

iTunesを再インストール

仕方ないのでiTunesをアンインストールして、再度インストールしてみました。
念の為、iPhoneのバックアップデータを別ドライブにコピーしてからです。
 
再インストール後、パソコンを再起動してみると、ビックリマークが無くなった!
 
理由は不明ですが、まずはOK。
パソコンで認識してくれないことには何もできませんからね。
 

iTunesでしばらく待つと認識

この状態でiTunesを起動しますが、まだiTunes上では認識してくれない。
 
「んー、だめかー」とあきらめつつ、1分くらい接続したままで放置してみると、
いきなりポップアップが出て認識してくれました。
 
待ってみるものですね。
 
すかさずリカバリーモードで復元してみます。
 
134-2
 
なんとかなりそうかな?
 

今度は復元でエラー

と思っていたら、今度は復元中にエラーが出てしまいました。
泣きそうです。
 
appleのサイトで調べてみると、原因はいろいろありそう。
 
iTunes での iOS のアップデートおよび復元に関するエラーを解決する
 
iTunesをアップデートする、OSをアップデートする、ほかのUSBを外す、パソコンを再起動するなど。
その中で気になったのが「コンピュータのセキュリティソフトウェアを確認する」でした。
 
文章を読んでみると、
>問題の原因となっている ソフトウェアをアップデート、変更、無効化、またはアンインストール する必要があることがあります。
とあります。
 
OSのアンチウィルス製品にはアバストを使ってましたので、
設定を変更して一時的に無効化しておきます。
 
「一時的に」がポイントですよ。永久に無効化すると大変ですので。
 

復元できた!

無効化した状態で再度リカバリーモードからの復元を試すと、今度は成功しました!
 
134-3
 
やれやれです。
 
時計を見ると3時を過ぎたあたり。
原因はよくわからないですが、いろいろ問題が重なって復元まで2時間もかかりました。
まだiOSのバージョンをアップデートする前に戻っただけなんですが。
 
とはいえ、iPhoneがこれまで通り使えるだけでもうれしいのです。
 

その後、無事にiOSのバージョンアップに成功しました

iTunesがアップデート前にバックアップを取ってくれていたのが助かりました。
データが無くなったとかもありません。
 
最終手段としてはiPhoneを修理に出せばよいのですが、すぐに交換してくれるかどうかわかりませんし、しばらく使えないのはかなり困るわー状態でした。
なんとか復元してくれて何よりです。
 
その後、アンチウイルスは無効化の状態で、
バージョンアップを再実行して無事にiOS7.0.6になりました。
 

まとめ

  • 深夜のバージョンアップで失敗すると翌日眠い。​
  • いろいろ試せばなんとかなることもある。
  • どうしてもダメな場合はお店に持って行く。
 
スポンサーリンク


Pocket

カテゴリー: iPhone/iPad タグ: , , ,

■前後の記事です

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

だーしゅ
IT関係のお仕事してます。
最近は、まったりした小物を集めてます。
[当ブログについて]

最近の記事

最近のコメント