パソコンが便利で楽になるものを紹介しています。

menu

パソコンが便利で楽になるものを紹介しています

Googleアナリティクスで今日のデータを表示するブックマークを簡単に作る方法

Googleアナリティクス今日(当日)のデータを見る場合、どうしていますか?
 
データを見る期間の初期表示は「一か月前から今日」になっていますよね。
 
期間で見たい場合もあるのですが、「今日のアクセス数を知りたい!」場合は、画面右上の日付入力ボックスで今日の日付を入力する必要があります。
 
ちょっとめんどうです。
 
ブックマークレット(ブックマークから起動する簡易的なプログラム)で「今日の日付」を設定しても良いのですが、とりあえず簡単にできる方法を紹介します。
 

ブックマークをつくる

まずは、ブラウザでGoogleアナリティクスにアクセスします。
 
ログイン後、「今日の日付でデータを表示したい」画面を開きます。
ユーザー サマリー、トラフィック サマリーなどどこでも良いです。
37-1.png
 
画面右上の日付選択欄をクリックし、日付を適当に変更後、適用ボタンをクリックする。
37-2.png
 
この設定は、URL内に「日付設定のパラメータ」を表示させるのに必要なだけですので、「昨日と今日の日付」などで良いですよ。

変更前のURL

ここで、ブラウザのアドレス欄を見ると、
https://www.google.com/analytics/web/?pli=1#report/visitors-overview/
(中略)/%3F_.date00%3D20120516%26_.date01%3D20120517/
のような長いURLが表示されていますね。
 
このURLの中で赤く色替えした2つの数字がデータ検索時の「開始~終了の日付」を意味します。
数字は8桁になっていて、最初の4桁が年、次の2桁が月、最後の2桁が日ですので、20120516の場合は「2012年5月16日」ということになりますね。

変更後のURL

ここからポイントなのですが、この日付を今日ではなく、「未来の日付」に変更してしまいます。とりあえず、2030年12月31日を意味する「20301231」などで良いですよ。
https://www.google.com/analytics/web/?pli=1#report/visitors-overview/
(中略)/%3F_.date00%3D20301231%26_.date01%3D20301231/

今日の日付でデータ表示された!

これで準備ができました。
 
変更したURLを使ってブラウザにアクセスすると、最初から今日の日付でデータが表示されます。
37-3.png
あとは、このページをブックマークすれば完了です。
 
次回からは、今日の日付を常に表示することができます!
 

どんなブックマークが便利?

こんなブックマークを作っています。
 
・今日のアクセス
・過去のある日から今日のアクセス
 例)ブログ開始から今日までのアクセスを知りたい!
   「2012/04/01~今日」
 
一度作成しておけば、ブックマークをクリックするだけで切り替わりますので便利ですよ。
 

昨日と比較したい場合は?

昨日と比較したい場合は過去と比較にチェックを入れておきましょう。
 
昨日と今日の集計値を比較することができます。
 
現在の期間は青色の線、過去の期間はオレンジの線で表示されますのでとてもわかりやすいですね。
37-4.png
 
この過去と比較は便利な機能でして、
データの期間が1日間の場合は更に1日前、一か月間の場合は更に一か月前を自動的に計算してくれます。
 

少し注意です

この記事の方法は、Googleアナリティクスが「URLの日付が今日より未来になっている場合は今日の日付として扱う」ことを利用しています。
 
ですので、今後、Googleアナリティクスの仕組みが変わった場合は使えなくなるかも知れません。
あらかじめご了承くださいね。
 
ちなみに、2019/09/15現在ではまったく問題なく使えていますよ。
 

まとめ

上の方法を使うと、いちいち日付を設定しなおす手間が省けてかなり楽です。
 
一度お試しくださいね。  
 
スポンサーリンク


コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。


最近のコメント

だーしゅ
IT関係のお仕事してます。
パソコンが楽になる
何かが見つかるとうれしい。
[当ブログについて]