Serphのアルバム「el esperanka」を買いました!

54-1
 
Serphの5枚目のアルバム「el esperanka」を買いました!
 
今回も良い曲ばかりです。 
 
スポンサーリンク

Serphの音楽

Serphの音楽には、環境ノイズや生活音がたくさん使われています。
 
何かをたたく音、何かが転がる音、手をたたく音、カメラのシャッター音、電子音、ゲームの効果音のような音、声の断片。
 
 
そしてそこの根底にあるのはピアノの音。
 
これらが合わさった時、とても心地よい音楽になります。
 
 
Serphの音楽を聴いていると、なぜか懐かしいような昔を思い出すような、そんな気持ちになります。
 
聞いた後は、なんか落ち着くんですよね。
 
スポンサーリンク

「a Whim」が始まり

Serphで最初に聞いた曲は、p*disレーベルから発売されているコンピレーションアルバム「Songs of Twilight」の「a Whim」でした。
 
 
ジャズ、エレクトロニカ、テクノなどとノイズ、いろんな音が混じっています。
最初は、少し変わった音楽だと感じました。
 
この曲で興味を持ったので、他の曲も聞いてみることに。
 
 
ある曲が気に入り、そのアーティストの曲のアルバムを買ってみると、「全然イメージが違う。その曲だけが良かった。。。」ということもあるのですが、Serphは違いました。
 
すべてのアルバムがイメージ通りです。
 
疾走感があるのも良いのですね。
 

まとめ

いまでは、Serphのアルバムを全部一気に聞くことがちょっとした自分へのご褒美になってます。
 
Serph、おすすめです!
 
 
カテゴリー: 音楽 タグ: , ,
スポンサーリンク

■前後の記事です

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。