昼寝で眠気がなくなった!

「寝るときに考えること」を考える

 
「寝るときに考えること」
 
これは、このブログで多い検索キーワードです。
 
夜寝るとき、なかなか眠れない時がありますよね。
いろんなことを考えてしまいます。
 
この記事では、寝るときに考えることを考えてみます。


スポンサーリンク

楽しいことを考えると寝やすい

私は寝つきが良い方なんですが、たまに眠れない日もあります。
身体が疲れすぎていたり、精神が高ぶっていたり。
 
そんな時にいろんなことを考えてしまいます。
けど、考える内容によっては余計に眠れなくなったりすることも。
 
何も考えずに寝れると一番良いんですが、
どうせ考えてしまうなら、楽しいことを考えましょう。
 

スポンサーリンク

過去よりも未来の楽しいことを

個人的には、過去にあった楽しいことよりも、
これから予定している楽しいことの方が寝やすい気がします。
 
  • 欲しい物や買いたい物を考える。
    どんなものをいつ頃、どこで買う?
  • 旅行や行きたいところを考える。
    いつ頃、どこに行って、何をする?
  • やりたいことを考える。
    何をする?いつ頃どこでする?
などなど。
 
考え方も根を詰めて考えるのではなく、
なんとなくぼんやりと「こういう風にしたいな」と考えるのが良さそうです。
頭を使いすぎると眠りを妨げますので。
 

楽しくないことは考えない

不安なことや心配なこと。
 
ついついそんなことを考えてしまいます。
けど、考えれば考えるほど目が冴えてしまう。
 
だからこそ楽しいことを考えましょう。
 
もし明日に大事なことがある夜なら、
それが終わったあとに自分へのご褒美を何か考える。
買い物でも良いですし、美味しいものを食べることでも良いです。
 
そんなことを考えてるうちに、知らずに寝ているものです。
 

それでも眠れないときは

なかなか眠れないと、
「まだ眠れない!もうこんな時間。。睡眠時間が減ってしまう」
などと考えがちです。
 
そうすると焦りが出てきて、余計に眠れなくなります。
そんなときは無理やり寝ようとしないことが大事。
 
私もそんな日がありますが、
「横になって目をつぶっているだけで、身体と頭の疲れは取れるはず」
「眠れなくても良いや。このままの状態でじっとしておこう」
と考えるようにしています。
 
焦る必要はありません。
 

まとめ

夜になかなか眠れないことがあります。
そんな時は焦らずに、未来の楽しいことを考えましょう。
欲しい物、行きたい所、やりたいこと。
 
よく眠れますように。。。
 
スポンサーリンク

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

だーしゅ
IT関係のお仕事してます。
昼寝はとても大事。

[当ブログについて]