2.5帖の書斎が完成しました!間取りとレイアウトとインテリアまとめ

書斎机の手触りが良くない!その2「薄いシート」でも良い気がしてきた

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
この記事で書斎机の手触りが良くないことを書きました。
 
あれから木を探してきましたが、
ふと、木にこだわる必要が無い気もしてきました。
 
もちろん本物の木が良いですが、触り心地だけで良いのであれば、
なにか別のものでも代用できるはず。
 
考えてみました。
 
 


スポンサーリンク

何かを塗るか、載せるか

方法として考えられるのは、
 
  • 塗料的なものを塗る
  • 薄いシート的なものを載せるか貼る
がありそうです。
 
 
塗る場合、家具にも使う塗料や仕上げ剤がありそうですが、
均一に塗れるか、乾燥した後で粘つかないか、はげないか、匂いはどうか
など、良いイメージが出てきません。
 
既に机は書斎に設置してるので、
この2.5帖の部屋で塗装するのも厳しそうです。
 

スポンサーリンク

木よりシートの方が良さそう

基本的にシートは薄いので、5~10mmの厚さがある板と違い、
机の上に貼っても高さが変わりません。
 
これは利点になります。
 
 
金額的にも木の板は2万弱を覚悟していましたが、
そこまでは高くないと予想しています。
 
良いシートが見つかればですが。。。
 

希望するシートはこれだ

欲しいシートはこんな感じ。
 
  • サイズは120cm×75cm程度が目安
    木を探していた時と同様に手に触れる前面だけで良ければ、120cm×40cmくらいでも大丈夫そう。
    価格が安ければ全面にします。
     
  • いまの机に密着して固定できること
    シートと机に隙間が空いてしまうと一体感がありません。
    触った時の感触もゴソゴソしそうですし。
    塗装してるかのように密着してくれると最高ですね。
     
  • 価格は5千円前後
    木の1/4程度の価格であればうれしい。
 
最近100円ショップに安くて丈夫なシートが売ってます。
実際、リビングの机に貼ってあるのを見て感心したものです。
これでも良いのですが、手触りがツルツルすぎるので候補から外してます。
 
といいつつ、こんなシートの高級版が探すものになります。
 

まとめ

書斎机の表面の手触りが悪いので木を探してましたが、シートでも良い気がしてきました。
手触り重視であればこそ。
 
ネットやお店で良いシートが無いか探します!
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

だーしゅ
IT関係のお仕事してます。
書斎は落ち着きます。

[当ブログについて]

最近のコメント

  • だーしゅ { コメントありがとうございます。 机の上に棚を置くのは良いですね。 いまはデッドスペース気味になってますので。 また考えてみたいと思います。 } – 3月 22, 10:32 PM
  • だーしゅ { コメントありがとうございます。 確かに小さい冷蔵庫とかあったら便利そうですね。 いつでも冷たい飲み物が飲めるのはぜいたくな気分です。 この書斎も最初は寝室兼になるところでしたが、なんとか狭いながらも個別の書斎にできました。 書斎兼寝室でもレイアウトを考えれば良い感じにできると思いますよ。 } – 3月 22, 10:30 PM
  • ぷにすけ { 最終的に読んでみましたが、照明のことも考慮されておられたのですね。 卓上に棚を置いて、モニターとスピーカー、その他を置いて、その下の空間を広げ、キーボードとマウスをしまって、手前を自由に使う方法もあります。 机は奥行きが十分にあるようなので、この方法はお勧めします。 何を隠しましょう、私もそうしております。 そこにデジタル液晶時計とリモコンも置いています。 ちなみに棚の高さですが、棚の中にキーボードをしまっても、その中でキーが打てるくらいの高さが必要です。 私は12cmにしました。 知り合いの何でも屋にいつも頼んで細かいものを頼んでいます。 安く買う方法として、何でも頼める工務店件電気屋のようなところを確保するのもお勧めします。 } – 3月 22, 7:13 PM
  • ぷにすけ { 初めまして。 とても楽しく拝見させていただきました。 私も書斎をどうしたらよいかを今考えている最中で、参考にしたいと思っています。 私の部屋は6畳でして、布団の寝室とかねています。 拝見させていただいたところ、照明は範囲に入れていないようですね。 後出来れば小型のワンボックスの冷蔵庫も欲しいところです。 しかし、電気代を非常に使っていつので、親から電気を使うものに対しては眉間にしわを寄せられています。 やはり、書斎と寝室は分けたいところですが、リフォームでもしないと無理なので、今は書斎兼寝室で考えています。 また、面白い記事などを見かけたら書き込もうかなとも思っていますので、ここの更新も行っていただきたいです。 それでは。 } – 3月 22, 7:00 PM