パソコンが便利で楽になるものを紹介しています。


menu

パソコンが便利で楽になるものを紹介しています [あまおとろぐ]

一つのキーでウィンドウの最小化もできる「HotkeyReg2000」- おすすめソフト#3

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
キーボードでウィンドウを最小化する時、何回キーを押していますか?
 
WindowsキーやCTRLキーなどのキーと任意のキーの組み合わせをホットキーといいます。
例えば「Windows+Eキー」でエクスプローラが起動することは有名ですね。
 
 
左脳氏により公開されている「HotkeyReg2000」を使うと、ホットキーを自由に登録・変更することができます。
このツールを使うと、「一つのキーを押すだけでウィンドウの最小化」などもできてしまいます。
便利です!
 
この記事では「HotkeyReg2000」の使い方を紹介します。
 
スポンサーリンク

おすすめポイント!

  • システムに登録されているホットキーを上書きして、別のソフトウェアを起動できる。
  • WindowsキーやCTRLキーなどを使わず、無変換キーなど単一のキーにもホットキーを登録!
  • レジストリを使用しないのでちょっと安心。
 
スポンサーリンク

もくじ

 この記事では以下についてまとめています。
 
 

1. ソフトウェアを準備する

  • ソフトウェアの配布サイト:Good imitation(左脳氏)
    Vectorでも紹介されていますが、そちらは古いバージョン(0.07)のようです。
    ※作者様のサイトに新しいバージョン(0.10)がありますのでそちらをお使いくださいね。
  • インストール、主な設定方法:readme.txt をご覧ください。
 

2. ソフトウェアの機能

HotkeyReg2000では「ホットキー」と「実行する内容」を登録することで、ホットキーランチャーとして使うことができます。
 
それがメイン機能なのですが、実は「その他の機能」という設定項目があります。
隠し機能的なのですが、これがとても便利なのですよ。
 
 
その他の機能には、以下のような機能を登録できます。
  • IME漢字変換モード切り替え
  • アクティブウィンドウの最大化
  • アクティブウィンドウの最小化
  • コマンドプロンプト
  • 全ウィンドウ最小化
  • エクスプローラ起動
※これ以外にも非常にたくさんありますが、ここでは割愛させて頂きます。
 
 
この中でおすすめは「アクティブウィンドウの最小化」です。
 
Windowsでウィンドウの最小化をショートカットでする場合、
ALT+SPACE+Nキー」と3ステップが必要になってしまいます。
かなり面倒ですね。
 
そこで、「その他の機能」のアクティブウィンドウの最小化任意の1キーを組み合わせることで、ウィンドウの最小化が1キーで実現できます。
素晴らしいです!
 
 

3. おすすめな設定

設定してみます。
ここでは「無変換キー」にウィンドウの最小化を登録しています。
 
個人的には、無変換キーを本来の用途で使うことはあまりありませんので。
もし「そのキーは使ってるよ」というお方は、他の使わないキーに登録してくださいね。
 
hkrEdit.exeを実行し、HotkeyReg設定ツール2000画面を開く。この画面で設定を行います。
20120424_19.png
 
ホットキーの一覧で[無変換]を探し、「右クリックメニュー – 編集」をクリックする。
20120424_2.png
 
「リンク先」の一番右にあるボタン(その他の機能)をクリックする。
 
ちなみにこのボタンですが、
左から「ファイルを選択」「フォルダを選択」「その他の機能」となっています。
20120424_3.png
 
アクティブウィンドウの最小化を選択し、OKボタンをクリックする。
20120424_4.png
 
ホットキーを押した時のアクションとして、アクティブウィンドウの最小化が入力されました。
その他の項目はそのままで良いです。
 
OKボタンを押して、画面を閉じてください。
20120424_5.png
 
これで登録は完了です。
 
もし、「無変換キーだけ」などの単一キーではなく、WindowsキーやCTRLキーなどと組み合わせたい場合は、画面上部のチェックボックスで該当するボタンを選択しておいてくださいね。
 
今回は、1キー(無変換キーのみ)のホットキーですので、選択は無しにしておきます。
20120424_6.png
 
登録ができましたので、HotkeyReg2000のメインプログラムであるHotkeyReg.exeを実行しておきましょう。
 
必要に応じて、Windowsのスタートアップに追加してくださいね。
 
 

4. ホットキーを使ってみる

先ほど登録したホットキーでアクティブウィンドウの最小化をしてみましょう。
 
なにか適当にソフトウェアを開く。
 
とりあえず、秀丸を開いておきます。
20120424_20.png
 
秀丸がアクティブになっている状態で、ホットキー(今回は「無変換キー」)を押すと、秀丸が最小化されます!
 
 

5. まとめ

ショートカットキーだけでウィンドウを最小化したい場合、一つのキーだけで行う方法がなかなか見つからなかったのですが、このソフトウェアを使うことで実現できました。もう7年くらい使っています。
 
ホットキーにいろいろな機能を登録しておくと、好きなボタンでソフトウェアの起動などができて便利ですよ。
 
 
とはいえ、ボタンの組み合わせが重複しないようお気をつけくださいね。
 
あまり使わないキーがありましたら、ホットキーを登録してみてはいかがでしょうか?
 
スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

だーしゅ
IT関係のお仕事してます。
パソコンが楽になる
何かが見つかるとうれしい。
[当ブログについて]

最近のコメント

  • User Avatarだーしゅ { KENさん、コメントありがとうございます。 私も10個すべてのブログで、サブディレクトリ方式を使ってます。 まず、レポート画面で「集客 - すべてのトラフィック - 参照元/メディア」を確認しました。 ・google / organic ・yahoo / organic ・bing / organic ・(direct) / (none) などはありましたが、自ドメインは見当たりませんでした。 次に、「(direct) / (none)」の中にあるかと、 「セカンダリ ディメンション:完全なリファラー」... } – 11月 04, 2:18 PM
  • User AvatarKEN { こちらの記事を参考にさせていただきました。 1点、質問がございます。 sample.com/blog-a/ sample.com/blog-b/ 上記2つの別ブログがあるとして、記事のとおりに設定した場合、 ブログAに、ブログBからのリンク流入があった場合、 ブログAの「集客」レポートにおいて、ブログBが参照元として記録されますでしょうか? ブログAとブログBは「sample.com」という同じドメインになるので、記録されないような気がします(ノーリファラーになる!?)が、GA上で「ウェブサイトのURL」を「sample.com」ではなく「sample.com/blog-a」にしておけば記録されますかね? 例として挙げさせていただいた「ブログA」と「ブログB」は内容的に別サイトでして、 GAの「集客」レポート上で、他の外部サイトからの流入と同じように「リンク流入」として分析をしたいのです。 blog-a.sample.com blog-b.sample.com とか、 blog-a.com blog-b.com とすればドメイン的にも別サイトになるので、やりたいことができるのは分かっているのですが、事情がありサブディレクトリで2サイトを運営しています。。 } – 11月 04, 3:25 AM
  • User Avatarだーしゅ { 匿名さん、コメントありがとうございます。 止める事ができて良かったですよ。 } – 1月 25, 6:38 AM
  • User Avatar { デスクトップの右上でマウスカーソルを止める事ができました! ありがとうございます。 } – 1月 25, 2:47 AM
  • User Avatarだーしゅ { おでんでんさん、コメントありがとうございます。 私もこの方法で、ファイルサーバや自分のパソコンのバックアップを定期的に実行してますよ。 黒画面が表示されないのは良いですね。 いきなり表示するとびっくりしますので。。。 } – 12月 07, 9:17 PM
  • User Avatarおでんでん { Windows7にて、バッチファイルの黒画面を表示させないように する必要があり、本記事を参考にさせてもらいました。 ありがとうございました。 } – 12月 07, 8:24 PM