静かで速い自作パソコンを紹介しています。


menu

速い静音PCを組みました!自作パソコンで使ったパーツまとめ [あまおとろぐ]

速い静音パソコンのパーツ「メモリー」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
[2016/11/19 追記]
 
ブログを見て頂き、ありがとうございます。
 
このブログは「Core 2 DuoからCore i7に変えて高速化」を紹介していましたが、
いまとなってはひと昔前のスペックになってしまいました。
 
なので、これから新しく作られるお方にはおすすめできません。
既に売っていないパーツもありますし。。。
 
 
最近は、高性能・静音に加えて、4KゲームやVRというキーワードが出てきました。
CPUとGPUが重要なんですが、パーツにはいろんな組み合わせがありますので、
セットで購入できると安心です。
 
限りなく自作に近いBTOができる「VSPEC」を紹介しておきます。
 
スポンサードリンク
 
GeForce GTX1080のパソコンが欲しい。。。 
 
※追記ここまで。

 
メモリーは、パソコンの「作業机」みたいなものです。

なにか作業する時、机が広かったら効率よく作業できますよね。
パソコンのメモリも容量が大きければ、効率よく素早く作業することができます。
 
 

スポンサーリンク

メモリー

私が実際に購入したアイテムを紹介します。
 

シー・エフ・デー販売 デスクトップ用メモリ DDR3 PC3-12800 CL11 8GB 2枚組み W3U1600F-8GE
 
最近はメモリも安いですね。
 
最初は4GB x 4枚にする予定でしたが、
友達から「8GBも安いよ」と助言を受けてこの構成にしました。
 
 
きっちり1600Mhzで認識できてます。
 
165-5.png
 
 
P8H77-Vはメモリスロットが4つありますので、あと2枚させますね。
 
Hyper-Vを本格的に使い始めると、大容量メモリが必要ですので、
そのうち16GBを増設する予定です。
 
 

まとめ

いまは16GBですが、32GBあれば夢が更に広がりますね。
 
 
一度、検討されてはいかがでしょうか?
CFD W3U1600F-8GE (DDR3 PC3-12800 8GB 2枚組) [amazonで見る]
 
スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

だーしゅ
IT関係のお仕事してます。
自作パソコンは楽しいですよ。
[当ブログについて]

メニュー

はじめに

おすすめのパーツ

自作パソコンの組み立て

BTOでほぼ自作!

まとめ