Excel(エクセル)の操作が楽になる方法と便利な使い方を紹介しています。


menu

Excel(エクセル)が楽で便利になる方法 [あまおとろぐ]

「指定した文字を含む」行にマークをつけてわかりやすくしたい!IF関数とCOUNTIF関数

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
[ この記事の内容は Excel2013 でも使えます ]
 
「指定した文字」がある行にマークをつけてわかりやすくしたい!IF関数』記事では、
「SONY」などの文字が入力されている行にマークをつける方法を紹介しました。
 
 
「SONYという文字のセル」ではなく、
「SONYという文字が含まれるセル」でマークをつけたい場合、
 
どうすれば良いでしょうか?
 
 
そんな時は、IF関数COUNTIF関数を組み合わせると良い感じにできます。
 
 

スポンサーリンク

設定方法

この一覧で「田」を含む行に○マーク、含まない行に×マークを付けてみましょう。
 
154-1.png
 
 
  1. マークを表示したいセルで、
     
    =IF( COUNTIF(A4,”*田*”)>0 , “○”,”×” ) と入力する。
     
    ちょっとわかりにくいですので、次の 2. で説明します。
     
    とりあえずここは、この通りに入力してくださいね。
     
    154-2.png
     
  2. 1.の説明です。
     
    関数が長くてわかりにくいですので、
    COUNTIF関数のところを「条件式」に変えてみました。
     
    = IF( 条件式 , “○”,”×” )
     
    ちょっとすっきりしましたね。
     
     
    IF関数は、指定した条件が「一致する場合」と「一致しない場合」で
    セルに表示する内容を変えることができます。
     
    表示したい内容は、○と×ですね。
     
     
    ここで「=IF( A4=”*田*” ,”○”,”×”)」 としたいところですが、
    IF関数は 「*(アスタリスク)」 が使えないようです。残念。
     
    仕方がないので「*(アスタリスク)が使えるCOUNTIF関数」を使いましょう。
     
    これを条件式につかうのがポイントです!
     
     
     
    COUNTIF関数は、「条件を満たす」セルの件数を数えることができます。
     
    ということは、COUNTIF(A4,”*田*”)>0 としておけば、
     
    「田」を含むセルがある = 件数が1件 = 1は0より大きい = 条件に一致する
    「田」を含むセルがない = 件数が0件 = 0は0より大きくない = 条件に一致しない
     
    という結果になりますので、○と×が表示されることになります。
     
  3. Enterキーを押すと「×」が表示されました!
     
    ここの氏名(紺野 さゆり)には「田」が含まれませんので、×で正しいですね。
     
    他の行にもコピーしておきましょう。
     
    154-3.png
     
    「田」を含む行に、きっちりと「○」がつきました!
     

まとめ

1つの関数でできないことも、
複数組み合わせれば実現できましたね。便利です。
 
一度、お試しくださいね。
 
スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (2)

    • YUUKO26
    • 2016年 11月 14日

    初めまして。まさに求めていた計算式でしたので、感動のあまりコメントさせていただきました!
    本当にありがとうございます^^

    ちなみに、こちらの式ですが、
    こちらの式でいう【田】の部分の項目が2つ存在する場合、どのような式にすればよろしいでしょうか?

    詳しく例を申し上げますと、ある列に田と子がある場合は○と示し、該当がなければ空欄としたい。。というかんじです。もしお教えいただけるようであればよろしくお願いします><

      • だーしゅ
      • 2016年 11月 14日

      YUUKO26さん、コメントありがとうございます。

      求めていた計算式があって良かったです。

      >こちらの式でいう【田】の部分の項目が2つ存在する場合
      ですが、COUNTIFS関数を使うと良いです。

      COUNTIF関数に「S」が付いただけですが、
      複数の項目を扱うことができます。

      例えば、
      =COUNTIFS(A4,”*田*”, A4,”*子*”)>0
      とすると、「田」と「子」がある場合、TRUEになります。

      これを使って、該当がなければ空欄、であれば、
      = IF( COUNTIFS(A4,”*田*”, A4,”*子*”)>0, “○”,”” )
      という感じですね。

      式が分かりにくくなった時は、
      一度、分解してみると良いですね。

だーしゅ
IT関係のお仕事してます。
Excel大好き。

[当ブログについて]

最近のコメント

  • だーしゅ { abcさん、コメントありがとうございます。 この記事で書いている「コピー」は、 ------------------------------------ 既に設定されている「セルやフォントの色」を Excelの「塗りつぶしの色」や「フォントの色」機能に設定する ------------------------------------ という意味で使っています。 なので、コピーした色をはりつけるときは、 リボン上にある「塗りつぶしの色」や「フォントの色」アイコンをクリックすれば良いですよ。 一度お試しくださいね。 } – 3月 26, 7:47 AM
  • abc { コピーした色を張り付ける方法がわからない。 } – 3月 26, 7:17 AM
  • だーしゅ { YUUKO26さん、コメントありがとうございます。 求めていた計算式があって良かったです。 >こちらの式でいう【田】の部分の項目が2つ存在する場合 ですが、COUNTIFS関数を使うと良いです。 COUNTIF関数に「S」が付いただけですが、 複数の項目を扱うことができます。 例えば、 =COUNTIFS(A4,"*田*", A4,"*子*")>0 とすると、「田」と「子」がある場合、TRUEになります。 これを使って、該当がなければ空欄、であれば、 = IF( COUNTIFS(A4,"*田*", A4,"*子*")>0, "○","" ) という感じですね。 式が分かりにくくなった時は、 一度、分解してみると良いですね。 } – 11月 14, 2:00 PM
  • YUUKO26 { 初めまして。まさに求めていた計算式でしたので、感動のあまりコメントさせていただきました! 本当にありがとうございます^^ ちなみに、こちらの式ですが、 こちらの式でいう【田】の部分の項目が2つ存在する場合、どのような式にすればよろしいでしょうか? 詳しく例を申し上げますと、ある列に田と子がある場合は○と示し、該当がなければ空欄としたい。。というかんじです。もしお教えいただけるようであればよろしくお願いします>< } – 11月 14, 8:57 AM
  • だーしゅ { 匿名さん、コメントありがとうございます。 解消されたようで良かったです。 } – 9月 12, 3:45 PM
  • { 長年の疑問が解消しました。ありがとうございます。 } – 9月 05, 5:00 AM