Excel(エクセル)の操作が楽になる方法と便利な使い方を紹介しています。


menu

Excel(エクセル)が楽で便利になる方法 [あまおとろぐ]

Excel2010,2013でオブジェクトを選択する4つの方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
[ この記事の内容は Excel2013 でも使えます ]
 
Excelで画像や図などのオブジェクトを選択したい時、どんな方法で選択していますか?
 
マウスとキーボードの両方を使って選択できますよ。
 

スポンサーリンク

もくじ

  • 1つのオブジェクトを選択する方法
  • 複数のオブジェクトを選択する方法
  • すべてのオブジェクトを選択する方法
  • ある範囲のオブジェクトを選択する方法

スポンサーリンク

操作方法

(1) 1つのオブジェクトを選択する方法
 
操作:オブジェクトを左ボタンでクリックする。
メモ:クリック後、別のオブジェクトをクリックすると、新たにクリックしたオブジェクトのみが選択状態になるので、1つしか選択できません。
 
20120504_1.png
 
 
(2) 複数のオブジェクトを選択する方法
 
操作:SHIFTキーを押しながら、複数のオブジェクトを左ボタンでクリックする。選択解除したい時は、もう一度クリックする。
メモ:選択したいオブジェクトが少ない場合はこの方法が便利ですね。
 
20120504_2.png
 
 
(3) すべてのオブジェクトを選択する方法
 
操作:どれでも良いのでオブジェクトを選択した状態で、CTRL+Aキーを押す。
メモ:オブジェクトの選択モードがオンになっていれば、オブジェクトを選択していなくても、CTRL+Aキーを押すだけですべてのオブジェクトを選択できるので、便利です。
 
20120504_3.png
 
 
(4) ある範囲のオブジェクトを選択する方法
 
操作:まず、選択モードを変更する必要があります。
 
リボンメニューの「ホーム – 検索と選択 – オブジェクトの選択」をクリックすると、マウスカーソルが「十字」から「矢印」に変わります。これでオブジェクトを選択できるようになります。
 
マウスの左ボタンを押しっぱなしにしてマウスカーソルを移動すると、選択用の枠が表示されるので、その枠でオブジェクトを囲みます。
(2015/07/16 説明を追記しました。小林幸也さん、ご指摘ありがとうございました)
 
メモ:ある範囲にある、1つ1つのオブジェクトを選択するのがめんどうな時に使います。
備考:「オブジェクトの選択」をクイックアクセスツールバーに追加しておくと便利ですね。
 
20120504_4.png
 
20120504_5.png
 
すべての選択状態を解除したい時は、どこでも良いのでセルをクリックしてくださいね。
 

まとめ

オブジェクトをすべて選択したい場合は、
オブジェクトを選択してからCTRL+Aキーで選択が便利です。
 
一度、お試しくださいね。
 
スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (2)

    • 小林幸也
    • 2015年 7月 15日

    (4)は明らかに説明不足。
    普通に左クリックしたままドラッグしたところで、複数のセルを選択するだけで、選択用の青い枠なんかできませんよ。
    他のサイトで確認してようやくわかったけど、まず「検索と選択」ボタンをクリックする、という肝心な説明がごっそり省略されてます。あまりにも配慮が欠如していると言わざるを得ない。
    フリーのサイトに文句つけるのも何なんですが、訪問者を混乱させる内容ははっきり言って迷惑です。

      • だーしゅ
      • 2015年 7月 15日

      小林幸也さん、コメントありがとうございます。

      ご指摘の通り、「検索と選択」ボタンについてはまったく触れておりませんでした。
      確かにそのままではセルが選択されるだけで、わかりにくい説明でしたね。
      早速、記事を修正させて頂きました。
      ありがとうございました。

だーしゅ
IT関係のお仕事してます。
Excel大好き。

[当ブログについて]

最近のコメント

  • だーしゅ { abcさん、コメントありがとうございます。 この記事で書いている「コピー」は、 ------------------------------------ 既に設定されている「セルやフォントの色」を Excelの「塗りつぶしの色」や「フォントの色」機能に設定する ------------------------------------ という意味で使っています。 なので、コピーした色をはりつけるときは、 リボン上にある「塗りつぶしの色」や「フォントの色」アイコンをクリックすれば良いですよ。 一度お試しくださいね。 } – 3月 26, 7:47 AM
  • abc { コピーした色を張り付ける方法がわからない。 } – 3月 26, 7:17 AM
  • だーしゅ { YUUKO26さん、コメントありがとうございます。 求めていた計算式があって良かったです。 >こちらの式でいう【田】の部分の項目が2つ存在する場合 ですが、COUNTIFS関数を使うと良いです。 COUNTIF関数に「S」が付いただけですが、 複数の項目を扱うことができます。 例えば、 =COUNTIFS(A4,"*田*", A4,"*子*")>0 とすると、「田」と「子」がある場合、TRUEになります。 これを使って、該当がなければ空欄、であれば、 = IF( COUNTIFS(A4,"*田*", A4,"*子*")>0, "○","" ) という感じですね。 式が分かりにくくなった時は、 一度、分解してみると良いですね。 } – 11月 14, 2:00 PM
  • YUUKO26 { 初めまして。まさに求めていた計算式でしたので、感動のあまりコメントさせていただきました! 本当にありがとうございます^^ ちなみに、こちらの式ですが、 こちらの式でいう【田】の部分の項目が2つ存在する場合、どのような式にすればよろしいでしょうか? 詳しく例を申し上げますと、ある列に田と子がある場合は○と示し、該当がなければ空欄としたい。。というかんじです。もしお教えいただけるようであればよろしくお願いします>< } – 11月 14, 8:57 AM
  • だーしゅ { 匿名さん、コメントありがとうございます。 解消されたようで良かったです。 } – 9月 12, 3:45 PM
  • { 長年の疑問が解消しました。ありがとうございます。 } – 9月 05, 5:00 AM