Serphの曲を「聞いたイメージ」と「疾走するタイミング」で紹介します!平均疾走率は55%

55-1
 
Serphの曲調でお気に入りなのは、疾走感がある曲です。
 
これが、ジャズ・エレクトロニカ・テクノやノイズなどと一緒になるのです。
 
 
疾走感があふれる曲は、聞いてるとテンションが上がります!
けど、なぜか懐かしいような曲もあったり。
 
それぞれのアルバムには、その両方が詰まってますよ。
 

 
アルバム毎に、
曲の感想をイメージの単語と一緒に書いてみました。
 
イメージや楽器が間違ってるかも知れませんが、なんとなくなので。
 
 
まとめてみると、疾走感がある曲が多いですね。
独自に疾走率の計算もしてみました!
 
スポンサーリンク

accidental tourist [2009]

accidental tourist

  • solitary フルートと手拍子が素敵。中盤から疾走します。
  • circus パイプオルガンが気持ちいい。どこか懐かしい。
  • a whim 民族音楽からジャズへ、後半から電子音で疾走します。すげぇ。
  • elfenlied 人口音声のような歌声。常に疾走。
  • sirkus 後半から疾走します。
  • dazzle 声の断片。ピアノ。
  • redaze 複数人の声。ピアノが多いのは良いですね。
  • fullcolors 後半からピアノとノイズで疾走します。
  • celestial ピアノでゆっくり。
  • lament 弦楽器がアクセント。なんか元気がでます。

 疾走率:50%

 ※amazonで見る [CD]

 
スポンサーリンク

Vent [2010]

vent

  • march どこか懐かしい。
  • pen on stapler ピアノ。これだけでも良いのに、後半電子音と共に疾走します。
  • feather 常に疾走。木琴、手拍子、ギターが心地よい。
  • sleepwalking ジャズ。後半の電子音が物悲しい。
  • mint 後半電子音で疾走。
  • azul ピアノと常に鳴っているポチポチ音が気持ちいい。
  • silencio ゆっくり。何かが転がり落ちる音。寂しいけど懐かしい。
  • flatland スリルがある。後半弦楽器で疾走。
  • snow 少し水の音。ベースラインのフルートが落ち着く。
  • iceyedit 電子音で疾走。
  • vent 疾走!何かをたたく音、ノイズ、ピアノ、ドラム。後半のコーラス。雄大。
  • planet 星の瞬き。これも元気でますね。

 疾走率:50%

 ※amazonで見る [CD]

 

Winter Alchemy [2011]

Winter Alchemy

  • noel 雪の日。雑踏。クリスマス。
  • straat ピアノ。ノイズが気持ちいい。
  • twinkler ポチポチノイズとピアノ。後半電子音と疾走。
  • alchemy 最初から疾走。終盤まで疾走。音が複雑で気持ちいい。
  • VALIS 最初から疾走。何かを叩くノイズ。ベースラインの笛。
  • lumina 最初から軽い疾走。ギターと木琴。
  • above なにか懐かしい。落ち着く。

 疾走率:57%

 ※amazonで見る [CD] [MP3]

 

Heartstrings [2011]

Heartstrings

  • luck まさにluckのCMで使われていた曲。CMでは最初の部分だけですが、中盤以降は曲調が変わって、後半疾走。
  • shine フルートと手拍子とピアノ。拍手のところはテンションあがる。
  • missing テンポがずれているようなあってるような感じが気持ちいい。後半疾走。
  • leaf 何かをコツコツ叩く音と電子音。後半はピアノと共に疾走。
  • film 鉄琴とピアノ。後半は少し疾走。
  • heartstrings 最初からギターとピアノで疾走。後半は更に豪華に。
  • cityscape メロディーラインが物悲しい。けど懐かしい。ピアノが落ち着く。
  • forN 最初から疾走。ドラムががんばる。
  • NILE ピアノとギターと電子音。最後はピアノ。
  • stardust 手拍子ノイズとピアノ。中盤から疾走。ピアノがきれい。
  • chamber 音がたくさん。重厚だけどところどころ軽い。
  • twilighte 物語の最後。結構早めから疾走。とても懐かしい気持ちになる。
  • Fanfare なにかうれしい。最後の曲って何か元気がでます。

 疾走率:62%

 ※amazonで見る [CD] [MP3]

 

el esperanka [2013]

  • twiste すごくSerphらしい曲。全部入り。
  • magicalpath ノイズの中にたまに聞こえるピアノががんばる。
  • session 疾走。後半はキラキラしてます。
  • vesta 映画の効果音のような。物語。
  • parade 夕方のパレード。
  • shift 最初から疾走。ギター、コーラス、ノイズ。
  • ankh ピアノとノイズとドラム。後半疾走。
  • wizardmix 疾走したり止まったり疾走したり。
  • felixz ギター、手拍子、電子音で疾走。
  • curve 中盤からギターで疾走。
  • vitt ノイズがとても心地よい。
  • rem ノイズとコーラスで疾走。
  • crystalize 時計。何かが始まりそう。

 疾走率:54%

 ※amazonで見る [CD] [MP3]

 

まとめ

平均疾走率は「55%」となりました。
2曲に1曲は疾走感がある曲ということですね。
素晴らしい!
 
 
el esperankaは、まだ聞きが足りないかも知れません。
聞きこむと新たな発見があるものです。
 
 
Serphの曲は全体的にとても心地よい曲が多いですね。
けど、疾走感もあります。
 
両方楽しめる!!
 
スポンサーリンク


Pocket

カテゴリー: 音楽 タグ: , ,

■前後の記事です

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

だーしゅ
IT関係のお仕事してます。
最近は、まったりした小物を集めてます。
[当ブログについて]

最近の記事

最近のコメント