【α5100】わかりやすい!一眼レフの本「デジタル一眼30日でマスター」を買いました!ミラーレスカメラでもOKです

290-1 
ソニーのミラーレスカメラ「α5100」を使ってます。
 
いつも使う撮影モードは「おまかせオート」。
撮影状況をカメラが判断して、自動的に良い設定を使ってくれます。
 
ですが、たまにオートだけじゃうまく撮れない時があります。
一部が暗くなったり、逆に明るすぎたり、ブレてしまったり。。。
 
 
気軽に撮影したい事に変わりはないのですが、
「基本的なこと」を知っておくのも良いかなと、
一眼レフの本「デジタル一眼30日でマスター」を買ってみました。
 
裏表紙に「ロングセラー」とあるだけに、とても分かりやすい本でした。
 

スポンサーリンク

30個のテーマで学ぶ

タイトルの「30日でマスター」にもあるように、
1日1テーマになっていて、それを少しずつ学ぶ形式になってます。
 
実際に毎日やっていくのは大変ですので、
少しずつ読み進めていけば良いかと思います。 
気になるところを試す感じで。
 
 
以下は表紙からの抜粋なんですが、
・1~7日目:入門編 ※基本設定、ピント合わせ、写真の保存や印刷
・8~17日目:初級編 ※露出、絞りとシャッター速度
・18~30日目:中級編 ※夜景や花火、写真修正や機材の手入れ
と、まさに知りたいことが。
 
上級編が無いのが良いですね。
いま知りたいのは、初級~中級のことですので。
 
スポンサーリンク

役に立ったページ!

個人的にとても役になったページを書いておきます。
 
  • 3日目「最初は花撮影」
    3つのKが大事です。
    確かにあまり意識していませんでした。
     
  • 5日目「旅先での撮影」
    何を撮るか?を少し意識するだけでも変わりそう。
     
  • 8日目「露出補正の基本」
  • 9日目「露出の段階補正」
    この記事で書いた「テント下が暗い」は露出補正すれば良かったようです。
    プラス補正でしょうか。
     
  • 10日目「絞り優先オート」
    どうすると背景が良い感じにボケるか。
    設定画面にあった「Fの値」が関係するようです。
     
  • 12日目「焦点距離とレンズ」
    広角と望遠の差を知りましたよ。
     
  • 15日目「画面構成」
    >「漠然と撮る」から「ねらって撮る」へ。
    漠然と撮ってました。。。
     
  • 17日目「広い風景を撮る」
    風景を撮るのが好きなので参考になります。
    ピント(フォーカス)をどこに置くかが大事。
     
  • 20日目「ISO感度」
    ISO感度とシャッター速度の関係です。
    ここはなんとなく知ってました。
    撮影中は基本ISOオートですが。
     
  • 26日目「夜景と星空の撮影」
    夜景はこの記事でも撮ってます。
    三脚を使うと更にキレイに撮れそうですね。
 
構図・露出・絞り・シャッター速度・ISOなど、
「基本的なこと」を知ることができましたよ。
 

まとめ 

α5100の勉強用にデジカメの本を買いました。
 
タイトルに「デジタル一眼」とありますが、
もちろんミラーレスカメラでも使える内容ですよ。
 
何回も読みます!
 
 
ムック版
 
Kindle版
 
 
 
スポンサーリンク


Pocket

カテゴリー: デジカメ タグ: , ,

■前後の記事です

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

だーしゅ
IT関係のお仕事してます。
最近は、まったりした小物を集めてます。
[当ブログについて]

最近の記事

最近のコメント