iPhone標準の「ミュージック」アプリを横にするとCDジャケット表示になって良い感じです

音楽を聴くとき、iPhone標準の「ミュージック」アプリを使います。
 
iPhoneにはスピーカーが付いてるので、部屋の中で音楽を聴くときにも便利です。
スピーカーからの音質が結構良いんですよ。
 
 
先日、ミュージックアプリを使ってる時、
たまたまiPhoneを横方向にしてみると、見慣れない画面が。
 
 
iPhone内に同期されてるCDジャケットが一覧表示されてますね。 
iPhone6(iOS8.1.3)の場合、縦4×横7の28枚分。
 

スポンサーリンク

表示枚数も変えれます

この画面でピンチアウト(指を広げる操作)すると、表示される枚数が変わります。
 
まずは縦3×横5で15枚分。
 
更にピンチアウトすると、縦2×横3で6枚分になります。
 
スポンサーリンク

聴ける

ジャケット一覧でCDアルバムをタップすると、
再生用ボタンと曲一覧が表示されます。
 
 
どちらかをタップすると、曲が再生されます。
  

まとめ 

iPhone標準の「ミュージック」アプリで、
iPhoneを横にするとジャケット一覧モードになりました。
 
CDアルバムがずらっと並んで表示されるので、なんかカッコいい。
 
たまにはこのモードで曲を聴くのも良いですね。
 
スポンサーリンク


Pocket

カテゴリー: iPhone/iPad タグ: , , ,

■前後の記事です

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

だーしゅ
IT関係のお仕事してます。
最近は、まったりした小物を集めてます。
[当ブログについて]

最近の記事

最近のコメント