九井諒子の「ダンジョン飯」が面白い!ダンジョンに入る→モンスターを倒す→料理する→食べる→進む

226-1
(フライパンでは戦いません。たぶん)
 
本屋で見かけて気になってたマンガを買いました!
 
九井諒子さんの「ダンジョン飯」です。
 
ダンジョンに入る。モンスターを倒す。料理する。進む。
以下繰り返し。
 
その発想が面白い!
  

スポンサーリンク

冒険はお腹が減る

ザ・シェフ、ミスター味っ子、将太の寿司、鉄鍋のジャン、美味しんぼ、クッキングパパ。
料理マンガが好きで良く読むんですが、さすがにダンジョン料理漫画はありませんでした。
 
ゲームの世界では時間が経つとお腹が減るのもありますね。
 
トルネコやシレン、モンスターハンターもそう。
お腹が減るとスタミナが無くなってうまく動けません。
  
戦士や魔法使い、盗賊もお腹が減るのです。
 
スポンサーリンク

モンスターは食べれる、のか?

とある事情でほとんどお金が無くなってしまった主人公。
 
けど、ダンジョンを探検しないと行けない理由もあるし、
探検にはお金がかかる。
 
武器や防具、攻撃・回復アイテムの準備、そして食料。
 
お金を少しでも節約するため、食料は現地調達することに。
 
 
もちろんダンジョンにはお店はありませんので、
食料(=食材)はダンジョンの中で集める必要があります。
 
なんとか食べられそう?なモンスターを倒し、調理し、食べる。
お腹がいっぱいになると次の冒険に進むのです。
 
食材はかさばる上に重たいですので、
ダンジョンで手に入れつつ消費する、というのはある意味正しいのかも知れません。
 

やけに細かい説明がステキ

このマンガ、単純にモンスターを倒して食べた!ではなく、
キチンと調理方法を考えて実践しています。
 
その描画がやけにリアルっぽくて面白いのです。
 
  • 歩くキノコは縦に切るとさきやすい。
  • バジリスクの肉は鶏肉っぽい。
  • スライムはある程度乾かすと珍味になる。
などなど。
 
モンスターの生態・特性を知った上で、一番良い調理方法を実践しています。
 
食材がモンスターなだけで、
ほんとにそんな料理がありそうな気がしてきますよ。
 

まとめ 

ダンジョンで食材(モンスター)を現地調達しつつ、
美味しく料理して頂くマンガ「ダンジョン飯」を買いました。
 
調理方法がしっかり書いてあるので、ほんとに料理できそうで面白い。
ダンジョンがあれば実践してみたいですよ。
 
2巻を楽しみにしてます!
 
 
 
 
スポンサーリンク


Pocket

カテゴリー: 全般 タグ: , ,

■前後の記事です

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

だーしゅ
IT関係のお仕事してます。
最近は、まったりした小物を集めてます。
[当ブログについて]

最近の記事

最近のコメント