T100TAの回復ドライブをUSBメモリに作って、OS(Windows8)のリカバリ領域をバックアップしてみた

215-15
 
ASUSのT100TAには、OSが壊れてしまった場合に再セットアップや修復するための「回復パーティション」がついてます。
 
回復パーティションは内部ドライブ(H100TAの場合、64GBのSSD内)に入ってますが、別の場所にデータがある方が安全です。
バックアップの基本ですね。
 
回復パーティションのデータは、USBメモリに「回復ドライブ」としてコピーできます。
この記事では回復ドライブの作成方法を紹介します。
 

スポンサーリンク

作成方法

方法はとても簡単です。
基本的にはボタンを押していくだけですよ。
 
  1. パソコンにUSBメモリを接続する。
    私の場合、トランセンドのUSBメモリ(16GB)を購入しました。
    ちょうど良いメモリが手持ちになかったもので。
    Transcend  SuperSpeed USB 3.0&Hi-Speed USB 2.0 USBメモリ 700シリーズ 16GB 永久保証 TS16GJF700
    Transcend SuperSpeed USB 3.0&Hi-Speed USB 2.0 USBメモリ 700シリーズ 16GB 永久保証 TS16GJF700

    今回の場合、回復ドライブの作成に5GB弱しか使わなかったようなので8GBで良いと思いますが、8GBと16GBで価格差がほとんどないのでこちらで良かったと思います。
     

  2. コントロールパネルの「回復」から「回復ドライブの作成」を選択する。
     
    見つけにくい時は、「Windows+Q」キーで表示される検索画面で「回復ドライブ」と入力するのが楽ですね。
    215-2
     
  3. 「回復パーティションをPCから回復ドライブにコピーします。」にチェックが入っていることを確認し、「次へ」ボタンをクリックする。
    215-3
  4. 「次へ」ボタンをクリックする。
    使用可能なドライブに接続したUSBメモリが表示されてます。
    215-4
     
  5. 「作成」ボタンをクリックする。
    接続したUSBメモリ内のデータはすべて削除されますのでご注意くださいね。
    回復ドライブ作成用に新たに購入した場合は問題ありません。
    215-5
     
  6. しばらく待つ。
    USBメモリの性能にもよりますが、数十分くらいでしょうか。
    215-6
     
  7. 「完了」ボタンをクリックする。
    215-7
これで完了です!
 
スポンサーリンク

回復パーティションを削除することもできます

更に「回復パーティション」を削除することで、Cドライブの空き容量を8GBほど増やすことができます。
 
空き容量は増えますが、USBメモリの回復ドライブが「バックアップではなく本物」になるので注意が必要です。
操作方法はこの記事に書いてます。
 

USBメモリを見てみる

USBメモリをエクスプローラで開いてみると、回復用のファイルなどができてるのがわかります。
 
215-8
 
回復ドライブとして4.5GBくらい使っているようです。
215-14
 
このUSBメモリは、パソコン(T100TA)がおかしくなった時に元に戻すためのデータです。
 
通常のデータ受渡し用のUSBメモリとしては使わず、回復ドライブ専用のメモリとして大切に保管しておきましょう。
 

まとめ 

USBメモリに回復ドライブを作成しました!
 
万が一、PC内の回復パーティションがおかしくなった場合でも、USBドライブから修復したりOSを再インストールすることができます。
これで安心ですね。
 
T100TAにはリカバリメディアは付いていませんので、一度作成しておくことをおすすめします。
 
スポンサーリンク


Pocket

カテゴリー: パソコン タグ: , , ,

■前後の記事です
6 comments on “T100TAの回復ドライブをUSBメモリに作って、OS(Windows8)のリカバリ領域をバックアップしてみた
  1. つー より:

    はじめまして。
    私もT100TA使っています!

    windows10を入れるのをやっと決心しました。
    インストール用のフラッシュメモリは用意しました。(usbメモリその1)

    あと今あるwin8.1を完全に戻すことができるようにするために、
    回復メディアを作ろうと思っております!
    そのために
    ・8.1回復起動用のusbメモリその2
    ・システムリストア用のhddその1
    ・hddリストア用のhddその2
    が必要ですか?hddは1台でも、容量さえあればすみそうですか?
    回復ディスクは個別に用意しなければいけないと認識してました。
    教えていただけるとうれしいです。

    ブログ、いつもありがとうございます!

    • だーしゅ より:

      つーさん、コメントありがとうございます。

      私も先日、Windows10にアップグレードしました。
      タスクトレイに表示されてた「Windows10を入手する」アプリを使いましたよ。

      そういえば8.1のバックアップは取っていませんでした。
      試したことはないですので、以下は想像で書かせて頂きますね。

      Windows8.1を戻す為のバックアップですが、2種類あると思っています。

      (1) 工場出荷時にOSを戻す
       この記事で紹介した「T100TAの回復ドライブ」を使う。

      (2) いま使っている状態にOSを戻す
       システムイメージバックアップソフトを使う。
       例)
        Paragon Backup & Recovery 14 Free Edition
        http://www.forest.impress.co.jp/library/software/paragonbakup/

       OS標準にも「システムイメージバックアップ」機能がありますので、
       そちらでもバックアップしておくと、安心かも知れません。

      恐らく(2)だと思いますが、回復ディスク的なものが必要かはバックアップツールによります。
      HDDは1台で良いのでは無いでしょうか。

      具体的な回答にならず、申し訳ないです。

      • つー より:

        返信ありがとうございます!

        やはりフリーソフトが必要なんですね。
        OS標準のバックアップで、起動からリストアまですべてできるようになるように、Microsoftには頑張ってほしいです。必要だよな、と思うのです!

        バックアップなしで成功されてうらやましいです。
        T100TAにはすべて詰まってますので、なかなかアップグレードを決意するのに時間がかかりました。

        返信ありがとうございます!

        • だーしゅ より:

          もう少し調べて見ましたが、OS標準のバックアップ機能でも「バックアップ→リストア」ができるようですね。

          ■knakaガジェット情報: ASUS TransBook T100TAのWindows標準機能によるシステム全体バックアップ、及びUSBブートによるリストア手順
          http://gadget.knaka00.com/2014/01/asus-transbook-t100tawindowsusb.html

          このサイトでは、
          ・ブート用のUSBメモリ
          ・バックアップ用のUSB-HDD
          を使って成功されたようです。

          別記事にもありましたが、認識しないなど苦労された結果、
          この手順になったようですね。
          参考まで。

  2. つー より:

    再投稿すみません。

    起動ディスク作成できるの、忘れていました。
    OS標準でできないのは、クローンディスクの作成でした。
    それとも現在はできるのでしょうか?フリーソフトなくても、常時外付けSSDに緊急用のディスクを作っておけるならうれしいですね。

    今後とも、ブログ楽しませていただきます!

    • だーしゅ より:

      一つ上のコメント(2015年11月21日 11:34 AM)に書きましたが、
      OS標準でもバックアップできるようですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

だーしゅ
IT関係のお仕事してます。
最近は、まったりした小物を集めてます。
[当ブログについて]

最近の記事

最近のコメント