ECSの「LIVA」はNUCより安くて小さい!一式そろってるのでOSさえあればすぐ使えるのがありがたい

153-1
 
NUCを考えた記事で、ECSからLIVAという製品が発売されたことを書きました
 
■ASCII.jp:NUCよりも小さいECS「LIVA」、超小型格安PCの性能を探る
 
■LIVAの公式サイト
 
これは気になりますよ。
 

スポンサーリンク

最初からメモリとストレージも付いてる!

NUCはケース+マザーボード+CPUという構成なんですが、
LIVAはそれに加えて、メモリとストレージとWiFi(無線LAN)が最初から付いてます。
 
OSさえあれば使い始めることができるってこと。
 
公式サイトによると、
 
  • CPU:Intel Bay Trail-M
  • メモリ:2GB(DDR3L)
  • ストレージ:32GB(eMMC、SSDみたいなもの)
  • WiFi:802.11a/b/g/n
  • インターフェイス:USB3.0 x 1、USB2.0 x 1、有線LAN x 1
    HDMI x 1、VGA x 1、Audio x 1
と、一通りのものはそろってます。
 
メモリやストレージは容量は控えめになっていますが、
全部入りで2万円弱ですのでこれ以上を望むのは贅沢というものです。
交換できたら最高なんですけどね。
 
スポンサーリンク

CPUは省電力なので常時電源オンでも大丈夫そう

CPUはIntelのBay Trail-Mというもので、
性能はそこそこ高い割には消費電力がとても小さいというのが特徴。
 
これは、24時間電源を入れっぱなしにするサーバ用途には最高なんです。
電気代も気になりますので。
 
重たい処理は厳しいですが、軽めの処理であれば問題なさそう。
Webを見たり、メールやドキュメントの作成などなど。
外付けHDDにファイルを置けば、ファイルサーバにもなります。
 

OSはUbuntuもいける?

公式サイトのOS Supportページでは、
Windows 8.1
に加え、
Windows 7 / Ubuntu (Coming Soon)
という記載もありました。
 
そのうち、Ubuntuにも対応してくれそうな感じです。
これでUbuntu Serverがインストールできたらうれしいんですが。
 
4/27現在、
http://download.ecs.com.tw/dlfileecs/driver/mb/wlan/Ubuntu_1.0M.zip
に、Ubuntu版のAudioとLAN(WLAN)のドライバがありました。
いまは準備中のようですね。
 
追加情報を待つとしましょう。
 

まとめ

このサイズと金額なら、使い道はいろいろありそうです。
サブパソコン、リビング置きのパソコン、ファイルサーバ、
持ち運びも簡単なので、出先に液晶モニタさえあればノートパソコンの代わりにもなりそう。
 
早く使ってみたいです!
 
スポンサーリンク


Pocket

カテゴリー: パソコン タグ: , ,

■前後の記事です

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

だーしゅ
IT関係のお仕事してます。
最近は、まったりした小物を集めてます。
[当ブログについて]

最近の記事

最近のコメント