ASUSのTransBook H100TA(T100TA)で文字を入力することを考えてみた。

144-1
 
どこでもブログが更新できるのと、思いついたことをメモ書きできるようにでした。
 
この記事では文字を入力することに着目してみます。
通常版のT100TAでも同じだと思いますよ。
 

スポンサーリンク

良いキーボードです

文字を打つのに必須なキーボード。
 
実際に文字を打ってみましたよ。
 
  • 全体的なキー配置は問題なし
    小さめのノートパソコンでは狭い領域になんとかキーを収める為、
    キーの位置が入れ替わったり、なかったり、変な位置にあったりします。
    この機種ではしかるべき位置にしかるべきキーがあり、変に疲れることもありません。
     
  • ctrlキーが左下にある
    144-2
    たまにfnキー(ファンクションキー)が左下の機種もありますが、
    コピペ操作の時に間違える時があります。
    この位置の方がありがたい。
     
  • shiftキーとaltキーが左右にある
    144-3
    やはり両側にあると便利ですね。
    右側のshiftキーが右端にあるのはご愛嬌。無いよりははるかにマシ。
     
  • 右クリックメニューのキーがある
    144-4
    マウスの右クリックメニューを出すキーもちゃんとあります。
    キー数が少ないパソコンでは消されがちです。
    マウスが無い時には重宝します。
     
  • カーソルキーの上下左右のfnキー設定が最高!
    144-5
    それぞれ、pgup、pgdn、home、endが設定されてます。便利ですね。
    独立したキーだったら更に最高だったんですが、さすがに贅沢でしょうか。
     
  • カーソルキーはもう少し大きい方が良かった
    他のキーと比べると横幅が少し小さめになってます。
    すぐに慣れましたが、もう少しだけ大きいとうれしい。
     
  • キーとキーの間隔はほどほど
    144-6
    10インチというサイズでこれだけのキーを配置したわりには間隔がある印象。
    一つのキーも指がキチンと乗るサイズですので、打ち間違えもありません。
     
  • キーを押した感じは普通
    しっかりと押した感じがあります。
    打鍵音は静か目ですので入力していて気持ちいい。
     
  • キーボードのたわみが少ない
    安いキーボードでは、まんなか辺りを強めに押すとキーボード自体がたわみますが、
    この機種ではそれがほとんどありません。しっかり安定しています。
 
キーボードの性能としては、文字を打つのに十分ではないでしょうか。
新幹線の中など、動いている車中でも試しましたが問題ありません。
 
やはり物理的なキーボードは良いものです。
 
スポンサーリンク

設定変更で文字を見やすくする

画面サイズが10インチですので、入力時に文字が小さく感じることがあるかも知れません。
そんな時は文字を大きくしておきましょう。
 
例えば秀丸の場合、
メニューバーの「その他 – ファイルタイプ別の設定」でフォントサイズを変更します。
 
OS自体にも設定があります。
ここのサイズを変更しておくと、エクスプローラなど全体的に文字が大きくなりますので、
かなり見やすくなります。
 
方法は簡単。
  1. デスクトップの右クリックメニューで「画面の解像度」をクリック
  2. 画面の下の方にある「テキストやその他の項目の大きさの変更」をクリック
  3. 「すべての項目のサイズを変更する」で「中 – 125%」を選択する。
    カスタムサイズ変更オプションでもっと大きくできますが、中が無難です。
 
これで目が疲れにくい、文字入力環境ができました!
 

まとめ

私は手が大きい方なんですが、それでも十分キーが打ててます。
もちろんこの記事もH100TAで書いてますよ。


もう少し慣れてくると更に打ちやすくなる気がします!

 


ASUS NB / gray ( WIN8.1 32bit / 10.1 inch touch / Z3740 / 2G / 64G / Home&Biz 2013 ) H100TA-DK004HS

スポンサーリンク


Pocket

カテゴリー: パソコン タグ: , , , ,

■前後の記事です

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

だーしゅ
IT関係のお仕事してます。
最近は、まったりした小物を集めてます。
[当ブログについて]

最近の記事

最近のコメント