映画「LIFE!」は音楽も良い!サントラで曲を聴いてます

137-1
 
映画「LIFE!」を見てきました!
 
雑誌「LIFE」の出版社に勤めてて、いつも空想してるウォルター・ミティさんが
空想の壁を越えて現実で様々な旅をするお話です。
 
この映画、CMで見ていてすごく気になってたんですよね。
 
スポンサーリンク

空想=中二病?

空想と現実の壁がなく、
いきなり空想の世界に飛び込むので「どこまでが空想?」と混乱することも。
 
予告編にもありますが「爆発寸前のビルに飛び込んで犬を助ける」なんか、まさに中二病全開。
 
しばらくすると空想から覚めるのでそのギャップも楽しい。
私も空想好きですので気持ちはとても良くわかります。
 
途中、携帯とスケボー関係のシーンで「ん?」という場面もありましたが、
見終わった後は「俺も毎日を楽しむぜ!」と意気込んでしまう良い映画でした。
 
何事もやってみるもんだなと思いましたよ。

スポンサーリンク

音楽も素晴らしい!

実際のお話はぜひ映画館(DVDでも)見て頂きたいのですが、もう一つのポイントは音楽。
 
歌詞のある曲やBGM、様々な曲が流れるんですが、
どれも映画の各シーンに絶妙にマッチしてます。
しっとりした曲、フォークソングっぽい曲、冒険心がある曲、なぜが懐かしい曲など。
 
あまりにも気に入ったのでネットでCDを探したところ、
国内盤・輸入盤ともに品切れか数週間待ちの表示。
「今すぐ聞きたい!」とAmazonでMP3を探したところ、あるじゃないですか!
 
早速、帰りの電車の中でダウンロードして聞きましたよ。
便利な時代になったものです。
 

アルバムが2つありました

購入したのはこの2つ。どちらもMP3のアルバムです
 
The Secret Life Of Walter Mitty
The Secret Life Of Walter Mitty ※歌詞がある曲
 
  1. Step Out / Jose Gonzalez
  2. Dirty Paws / Of Monsters And Men
  3. Stay Alive / Jose Gonzalez
  4. Far Away / Junip
  5. Don’t Let It Pass / Junip
  6. Lake Michigan / Rogue Wave
  7. Escape (The Pina Colada Song) / Jack Johnson
  8. Don’t You Want Me [feat. The Weather Station] / Bahamas
  9. The Wolves & The Ravens / Rogue Valley
  10. Space Oddity (Mitty Mix) [feat. Kristen Wiig] / David Bowie
  11. #9 Dream / Jose Gonzalez
  12. Maneater / Grace Mitchell
特に良いのはCMや本編でも流れて印象深い「Step Out」と
フォークソングのような「Dirty Paws」。何回聞いても飽きません。
Jose Gonzalez(ホセ・ゴンザレス)とOf Monsters And Menの曲なんですが、
映画とは別にアルバムを買ってみる予定です。
 
「Stay Alive」ではサントラの「Walter Time」などと同じ時計の音が流れてます。
いいわー。
 

スコア版(歌詞なし)はこちら


曲名の下に、聞いたイメージ・聞こえたものを書いてます。
 
  1. Walter Time(ウォルター・タイム)
    時計の音、バイオリン、ベースとなるメロディ
  2. Building Rescue(ビルディング・レスキュー)
    テンポ速い、スピードのよう、やはり時計の音
  3. Time & Life(タイム・アンド・ライフ)
    時計の音、Walter Timeのアレンジ版
  4. Walter Sees Cheryl(ウォルター・シーズ・シェリル)
    鉄琴の音、男性のハミング
  5. Arctic Fantasy(アークティック・ファンタジー)
    ウクレレをかき鳴らす、オーケストラ、短い
  6. Paperclip(ペーパークリップ)
    時計の音、間をつなぐような音
  7. Wallet(ウォレット)
    ゆっくり、何かを思い出す
  8. Clue #1(クルー #1)
    考える、少し寂しい
  9. Dangling Piano(ダングリング・ピアノ)
    少し時計の音、少しピアノ
  10. Clue #2(クルー #2)
    Clue #1と比べテンポが速い
  11. Ted vs Walter(テッドvsウォルター)
    ウォルターがんばれ!
  12. Sixth Avenue(シックスス・アヴェニュー)
    物悲しい音、後半は少し明るく
  13. Button(ボタン)
    オーケストラ、管楽器と弦楽器
  14. The Beckoning(ザ・ベコニング)
    少し不安、物悲しい、後半にハミング(鼻歌?)
  15. Pub Decision(パブ・ディシジョン)
    ハープがゆっくり、バイオリンも
  16. Shark Attack(シャーク・アタック)
    ウォルターがんばれ!今度はサメだ!
  17. Into The Harbor(イントゥ・ザ・ハーバー)
    鼻歌ハミング、いきなり手拍子と弦楽器で元気に
  18. Eyjafjallajokull(エイハフィアラホクール)
    17曲目の続き、時計の音、後半は静かに、最後はオーケストラ
  19. Eruption(エラプション)
    口笛、またスピードのような、戦闘曲
  20. Cup Reminders(カップ・リマインダーズ)
    かすかなメロディ、後半に時計の音、希望
  21. Skateboard Delivery(スケートボード・デリヴァリー)
    鼻歌ハミング、んーんんー
  22. Conan Cab(コナン・キャブ)
    時計の音、定番のメロディ、後半は弦楽器
  23. You Finish His Work(ユー・フィニッシュ・ヒズ・ワーク)
    とてもゆっくり
  24. Afghan Trek(アフガン・トレック)
    自然と挑戦、オーケストラ
  25. Quintessence(クィンテッセンス)
    コーラスと弦楽器とピアノ、希望
  26. I’m Right Here(アイム・ライト・ヒア)
    鼻歌ハミングで一曲、後半はピアノも
  27. Stationary Cycle(ステーショナリー・サイクル)
    時計の音、一周回ってきたような、オーケストラ
    ※MP3上はカタカナ表記ですが、英語も書いてます。
こう見ると各所で時計の音が使われてます。
曲名にもTimeが入ってますし。
 
「Walter Time」「Time & Life」「Stationary Cycle」など、
時計の音とバイオリン(鼻歌かも)の組み合わせはとても落ち着きます。
 
MP3の場合、好きな曲だけダウンロードできたりします。
 

CD版もあります

せっかくなのでCD版も書いておきます。
IMPORT版を含めると、4枚ほどありました。
 
歌詞があるアルバム
 
歌詞がないスコア版のアルバム
 

まとめ

映画も素晴らしいですが、こんなにいい曲にも出会えるとは。
もう一度映画館で聞いてみたいですよ。
 
スポンサーリンク


Pocket

カテゴリー: 音楽 タグ: , , ,

■前後の記事です

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

だーしゅ
IT関係のお仕事してます。
最近は、まったりした小物を集めてます。
[当ブログについて]

最近の記事

最近のコメント